HOME



聴き比べ落語名作選へようこそ!

古典落語、新作落語・創作落語から、季節の落語、人情噺、滑稽噺、そして古き良き廓話やあまり高座ではかけられない艶笑落語・破礼噺(バレ噺)まで、古今東西の大看板の映像・音声で聴き比べています。

ただいま人気の演目

こちらも合わせてたっぷりどうぞ



特集 禁演落語と『はなし塚』

禁演落語と『はなし塚』
戦時中の昭和16年10月30日から終戦後の昭和21年9月30日までの5年間にわたって、浅草本法寺の「はなし塚」に葬られ口演を自粛した53の落語と、

戦中の禁演落語が5年ぶりに解除された昭和21年9月から1年も経たない昭和22年の5月、GHQの指令によって婦女子の虐待、軍国主義、暴力や荒唐無稽に過ぎるものが対象になって禁じられた20の演目を集めています。

夏に聴きたい落語ベスト5

夏になると聞きたい落語、怪談や幽霊の噺などたっぷり!夏の落語一覧へ

ピックアップ 本当に怖い怪談

落語の怪談は、大山鳴動して何も出ないというものが多いですが、これは怖いと自信を持っておすすめします。
死神」 命の蝋燭が消えていく恐怖
もう半分」 赤ん坊があのじいさんの顔で・・
怪談 市川堤(戸田の渡し)」 背筋が寒くなる上方怪談
江島屋騒動」 よくも娘を殺したな・・
鰍沢」 雪の中を逃げ惑う恐怖。

ビックアップ 圓朝作の落語

怖いというよりおどろおどろしい。人間の業と欲、奇妙な因縁が絡み合う三遊亭圓朝作の世話噺です。
怪談 乳房榎」 殺された重信の幽霊が・・
牡丹燈籠」 怪談の代名詞。カランコロンと下駄の音。
真景累ヶ淵」 宗悦と新左衛門の因縁話。圓朝以来の「お熊の懺悔」も収録
怪談阿三の森」腹違いの妹と知らずに恋に落ち・・

新着

与太郎戦記~春風亭柳昇

笑いの中の壮絶な戦史

与太郎戦史~春風亭柳昇

戦時中の上海。

部下十五人を率いて貨物船に兵士を乗せ、香港までの警護を命じられた陸軍の秋本伍長は、役に立たない機関銃三丁と花火のような仕掛けの秘密兵器を持って小さくて汚い石炭船に乗り込み、右も左もわからないうちに香港へ向けて出発します。

真っ暗な海を潜水艦に怯え、友軍か敵機かわからない飛行機、遠くに見える煙は友軍の船か否か。

この落語を聴き比べ


孫帰る~柳家喬太郎

泣ける創作落語 「孫帰る」

孫帰る~柳家喬太郎

夏休み。
小学生の孫 健一がおじいさんの家に遊びに行くと、おじいさんはなんと箪笥の上に乗っています。

「猫のタマがここに寝ていたから涼しいかと思って」

箪笥から降りたおじいさんと孫。猫を探しますと屋根の上。

今はあそこが涼しいんだなと二人で屋根に登り、近頃どうだと二人で他愛のない話をしています。

この落語を聴き比べ


祇園祭(祇園会)~桂文治・古今亭志ん生・春風亭一朝

江戸っ子の京都見物

桂文治~祇園祭(祇園会)

京都見物への旅に出かけた江戸っ子。足に豆を作りながらも京都へたどり着きます。

「湯」に入りたいと近くのおかみさんに「湯」はどこにあるとか聞きますが、京の道案内は「お上がりやしてお下がりやして」でさっぱりわからない。

祇園祭の日。揚屋の二階を借りて、酒を飲みながら祇園祭の見物をしようとしますが一緒にいた男がやたらに京は王城の地だと京都の国自慢をしながら、江戸は酒はまずい、道は犬の糞だらけとけなします。

この落語を聴き比べ


叩き蟹~三遊亭圓窓

情けは人のためならず

叩き蟹~三遊亭圓窓


再生できない方はこちらdailymotion

日本橋近くの餅屋で何やら騒ぎが起こっているのを聞きつけた旅人。
餅屋が餅を盗もうとした子供をつかまえて折檻しようとしているという。

親のふりをして前に出て、子供の話を聞きますと、親は大工だが仕事場で怪我をしてそこから毒が入って身体が動かなくなってしまい、母親は産後の肥立ちが悪く寝たきりになっていると言います。

この落語を聴き比べ


きゃいのう~柳家金語楼・古今亭志ん丸

はじめてもらった台詞が「きゃいのう」

きゃいのう~柳家金語楼

駆け出し役者の團五兵衛。友人に声をかけられ女言葉で挨拶します。

今、どこかへ出ているのかと聞かれて「どうして、見に来てくれないの」と言いますが、初舞台はどこに出たか分からず後で聞いたら、車引きの牛の後足だった。

二度目は、五段目の猪、次は塩原太助の馬。牛、猪、馬、お前は十二支専門だよ。

獣でない役は浅草で天竺徳兵衛のガマ。動物一式をやって、爬虫類にかかり、そのうち魚類を・・・。

この落語を聴き比べ


_