HOME



聴き比べ落語名作選へようこそ!

古典落語、新作落語・創作落語から、季節の落語、人情噺、滑稽噺、そして古き良き廓話やあまり高座ではかけられない艶笑落語・破礼噺(バレ噺)まで、古今東西の大看板の映像・音声で聴き比べています。

ただいま人気の演目

こちらも合わせてたっぷりどうぞ



春に聴きたい落語ベスト5

春の落語 春の落語一覧へ

春はお花見 よろ酔い気分でまったりどうぞ

演 目
概  要
聴き比べ
花見の仇討 仲の良い四人組が花見に行く話をしています。 ただ花見だけしてもしょうがないので江戸中の話題になるような趣向を考えよう、巡礼兄弟の仇討ちってのはどうだ。 三遊亭圓楽, 三遊亭金馬, 柳家小三治, 桂南光(べかこ)
花見酒 桜は満開、金無しの兄貴分が弟分に花見に行って金儲けしないかと持ちかけます。 おととい向島へ行ったんだが、花は満開人も大勢だが白鬚から先に茶店が一軒もない。 古今亭右朝, 春風亭柳橋
おせつ徳三郎(花見小僧・刀屋) 大店の娘で器量よしの「おせつ」が縁談を断り続ける理由とは 三遊亭圓生, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 柳家小さん(五代目)
長屋の花見(貧乏花見) 貧しくたって花見に行くさ。お茶けとカマゾコたくわん持って 三笑亭可楽, 三遊亭圓楽, 三遊亭圓遊, 三遊亭金馬, 春風亭一之輔, 柳家小さん(五代目), 桂枝雀, 桂米朝, 立川談志
高田の馬場 親の仇岩渕伝内 いざ尋常に勝負勝負 三遊亭金馬, 古今亭志ん朝
愛宕山 明治の初年頃の春先。 大阪ミナミの幇間 一八と茂八の二人。仲良く御茶屋をしくじりまして、つてを頼って京都祇園町で働いています。 室町あたりの旦那が野掛けでもしようと、芸者や舞妓、幇間を引き連れて 古今亭志ん朝, 古今亭菊之丞, 桂吉朝, 桂文枝(五代目), 桂文楽, 桂米朝

春は恋 恋する二人の物語

演 目
概  要
聴き比べ
崇徳院 恋煩いの若旦那のために崇徳院の句を手がかりに奔走する熊五郎 三遊亭圓楽, 三遊亭百生, 古今亭志ん朝, 桂ざこば, 桂三木助(三代目), 桂米朝, 金原亭馬生
紺屋高尾 「傾城(けいせい)に誠なしとは誰(た)が言うた」紺屋高尾の一席でございます。 三遊亭圓楽, 三遊亭圓生, 桂歌丸, 立川志の輔, 立川談志, 立川談春
おせつ徳三郎(花見小僧・刀屋) 大店の娘で器量よしの「おせつ」が縁談を断り続ける理由とは 三遊亭圓生, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 柳家小さん(五代目)

春は旅 上方旅落語

演 目
概  要
聴き比べ
東の旅(伊勢参宮神乃賑) 大坂から奈良を越えて伊勢参り 大津へ出て京都から大坂に戻る壮大な連作 三遊亭圓生, 三遊亭百生, 柳家小さん(五代目), 桂九雀, 桂吉朝, 桂文枝(四代目), 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴
西の旅(明石・舞子・須磨) おなじみ大阪の喜六、清八。「どうや、金毘羅はんへ参詣でもしよやないか」と讃岐の国・金毘羅山へ参詣をいたしまして帰りは播州めぐり 橘ノ園都
兵庫船(桑名船・鮫講釈) 西の旅最終編。兵庫から大阪へ戻る船で大騒動が。 桂枝雀, 立川談志

新着

仏師屋盗人~笑福亭三喬

仏師屋盗人~笑福亭三喬

十両盗めば首が飛んだ江戸時代。

ある夜、仏師屋の家に強盗が入ります。仏師に刀を突きつけて「金を出せ」と脅しますが、仏師は落ち着いた様子。

「明かりをつけろ」と言うと、自分のことは自分でしろ、鴨居のところに火打ち石や蝋燭があるから勝手につけろと言います。

この落語を聴き比べ


茗荷宿屋~柳亭市馬

茗荷宿屋~柳亭市馬

東海道神奈川宿に茗荷屋という名代の料理屋がありましたが、当代の主人の道楽がたたって店をつぶし、宿場はずれに小さな宿屋を開きます。

しかし、客あしらいも悪く宿も汚いため、いっこうに客が寄り付かない。

この落語を聴き比べ


金玉医者(藪医者)~立川談志・柳家小さん・柳亭市馬【動画】

金玉医者~立川談志【動画】

八丁堀の大店 気鬱の病でふさぎ込んで寝ている伊勢屋の娘に、旦那はいろんな医者を呼んできますがいっこうに良くなる気配がない。

ある日、男が、上州館林で急に首が回らなくなり、腕が曲がり、足が曲がってしまった老人を、津川膏薬という医者が治したという話を持ち込んできます。

この落語を聴き比べ


しの字嫌い(しの字丁稚)~三遊亭圓生・桂ざこば・金原亭馬の助【動画】

しの字嫌い~三遊亭圓生

人の言うことに何かと逆らう人というのはままいるものでして、

下男の清蔵は、主人が「火をおこせ」と言えば「それは炭をおこせということか」

「煙草盆に火を入れろ」と言えば「それを言うなら煙草盆の中の火入れの中の灰の上へ火を入れると言うだ」。

提灯に火をつけろと言えば「提灯が燃えべぇ」

この落語を聴き比べ


反対俥(いらち俥)~柳家喬太郎・林家染二・三遊亭遊雀・柳家権太楼・柳家花緑・桂春団治(初代)

反対俥~柳家喬太郎

明治から大正にかけて、人力車が人と足となっていた時代。

神田近く。終電までに上野駅に行きたいと、俥屋を探してしいる男。見つけたのは今川橋で居眠りをしている車夫。

上野まで急いでくれと乗り込みますと梶棒が上がらない。男が体をそらせてようやく梶棒が上がりますが、今度は上がりすぎて足をばたばたさせている。

ようやく進み出しましますが、いっこうに走り出さずゆっくりと歩いている。

この落語を聴き比べ


_