タグ: 艶笑落語・艶話

お色気噺、バレ噺、遊郭や女郎屋の噺、艶笑小咄を古今東西の名人で聴き比べ。
「姫はじめ」「欣弥め」「鈴振り」「なめる」「短命」「茶漬間男」「目薬」「宮戸川」「姫かたり」などたっぷり!

お玉牛(堀越村)~桂春團治・桂小南・桂ざこば・桂春蝶

鎌で「うん」と言わしよった お玉牛~桂春團治【動画】 村の若い者が集まって何やら話をしています。 こういう連中が集まって話をすると言えば、村一の別嬪さん「玉ちゃん」のこと。 「お前らこないして寄ったら玉ちゃんの話してんねやろ」と言いながら近...

蛙茶番~三遊亭圓生・三遊亭金馬・柳家小三治・三遊亭小遊三【動画】

「いいえ、ガマは出られません」 蛙茶番~三遊亭圓生【動画】 ある商店で店の者や出入りの商人が茶番(素人芝居)をやることになります。 演し物は天竺徳兵衛謀反譲り場。 店に舞台を拵えて準備万端ですが幕が開きません。 「役者が来ない、伊勢屋の若旦...

紙入れ~古今亭志ん生・三遊亭圓生・古今亭志ん朝・立川談志他【動画】

古今亭志ん生~紙入れ 貸本屋の新吉。出入り先のおかみさんと割りない仲が続いています。 おかみさんから、今日は旦那の帰りがないから泊まりにおいでと手紙をもらい、それを紙入れにしまって出かけます。 新吉は、旦那には大変世話になっているので、こう...

紀州飛脚(南の旅)~露の五郎兵衛

バレ噺につきお子様はロビーでお煙草でもどうぞ 紀州飛脚~露の五郎兵衛 再生できない方はこちら(Daylymotion) ある男、足の早いのを見込まれて和歌山まで飛脚を頼まれます。 この男、足が三本あろうかと見えるような大層な巨根。尻からげを...

欣弥め~鈴々舎馬風

欣弥め~鈴々舎馬風 さるお姫様が床についておりますと、部屋の中に入ろうとする人の音が聞こえます。 誰か?、と声をかけますと 「欣弥めにございます」 「部屋に入るのはよいけれど、みだらなことをしてはならぬぞよ」 「かしこまりました」

故郷へ錦~桂米朝

せやさかい、これはとても人には言えん話やと 故郷へ錦~桂米朝 息子の作次郎が寝込んでいるのを心配した母親が自分の兄を呼びます。 医者の見立てによると、何か思い詰めていることがあって病気になったもので薬を浴びるほど飲んでも治らないと言う。

返し馬(品川の豆)~古今亭志ん好

バレ噺につき十八歳未満の方はロビーでお煙草を・・ 品川の豆~古今亭志ん好 大工の兄貴分が弟分達を集め、遊びに行こうと言い出します。 大師詣りに出かけると言えば、女房も文句は言えないだろうから朝早く発って、早駕籠で川崎大師へ行って護摩をあげて...

鈴振り~古今亭志ん生

鈴振り~古今亭志ん生 藤沢の遊行寺というお寺。千人からの弟子を抱える大きなお寺です。 さて、この寺では大僧正が高齢となりますが、弟子は皆19~20歳そこそこと歳が若い。 この中から次の大僧正となる者を選ぶのにどうすればよいかと、大僧正やその...

短命(長命)~立川談志・柳家さん喬他【動画】

立川談志~短命 伊勢屋出入りの職人が近所のご隠居のところへきて、 伊勢屋の旦那が三度死んだと話しだします。 三度死んだとはどういうわけだと聞くと、伊勢屋の娘さんに来た養子、 ひとり目は色白のやさ男だったが一年たたずでわずらいついて死んでしま...

女御ケ島~露の五郎兵衛

バレ噺につき、例によって未成年の方はロビーでお煙草でもどうぞ 女御ケ島~露の五郎兵衛 再生できない方はこちら(Dailymotion) 上方旅噺でおなじみの喜六。 横町のご隠居の家で「万国人間の図」という絵本を見せてもらいます。 南のほうに...

姫かたり~立川談志・古今亭志ん生

立川談志~姫かたり 新年の浅草観音。 西国のさる大名家のお姫様と、お付きの侍が参拝を済ませたあと、姫が急に差し込みを起こして苦しみますので、近くの医者を訪ねて診てもらいます。 医者が脈をとろうとすると、お付きの侍は「無礼者!」としかりますが...

姫はじめ(宿屋かか)~三遊亭円歌・露の五郎兵衛

姫はじめ~三遊亭円歌 東海道袋井あたりの話。 正月の2日。ある宿屋で主人夫婦が、今日は年中行事の姫はじめの晩だ。と話しています。 古女房もこの日ばかりはうきうきとしています。 もう行灯を消そうか(店仕舞)とした頃、垢抜けのした女が泊めてくれ...

風呂敷~古今亭志ん生・志ん朝・立川志の輔【動画】

古今亭志ん朝~風呂敷【動画】 亭主の友人半七が訪ねてきたので、中に入ってもらって話しをしているところに、今日は遅くなると言って出かけた亭主が突然帰ってきます。 この亭主は無類の焼きもち焼き。 亭主の友人とは言え、亭主の留守に男を家に上げたと...

宮戸川~柳家喬太郎・古今亭志ん朝・古今亭志ん生・立川談志・三遊亭円楽

宮戸川(上下)~柳家喬太郎 《上》 お花半七なれそめ 将棋に凝っている半七、今日も夜遅くまで碁会所に入り浸りで家に帰りますが家に入れてもらえません。 一方、半七の幼馴染で向かいに住むお花も友達の家で歌加留多をしていて遅くなり、締め出されたて...