タグ: 禁演落語

戦時中の禁演落語を古今東西の名人で聴き比べ。
「五人回し」「品川心中」「三枚起請」「突き落とし」「ひねりや」「辰巳の辻占」「子別れ」「居残り佐平次」「木乃伊取り」「磯の鮑」「文違い」「茶汲み」「よかちょろ」「廓大学」「明烏」「搗屋無間」「坊主の遊び」「白銅の女郎買い」「あわもち」「二階ぞめき」「高尾」「錦の袈裟」「お見立て」「付き馬(早桶屋)」「山崎屋」「三人片輪」「とんちき」「三助の遊び」「万歳の遊び」「六尺棒」「首ったけ」「目ぐすり」「親子茶屋」「宮戸川」「悋気の独楽」「権助提灯」「一つ穴」「星野屋」「三人息子」「紙入れ」「つづら間男」「庖丁」「不動坊」「つるつる」「引越しの夢」「にせ金」「氏子中」「白木屋」「せんきの虫」「蛙茶番」「駒長」「おはらい」「後生うなぎ」

明烏~八代目桂文楽・古今亭志ん朝【動画】

観音様奥の大層流行るお稲荷様へ 桂文楽 「明烏」【動画】 雌猫が近寄ってもダメなほど晩生(おくて)で、本ばかり読んでいる日本橋田所町・日向屋半兵衛のせがれ時次郎。 固いのは良いが固すぎるのはいけないと、旦那が町内の遊び人源兵衛・太助に頼みま...

鮑のし(祝のし)~古今亭志ん生・桂春団治・三遊亭圓楽・桂文枝・立川志らく・三遊亭百生・林家木久扇

しっかり者の女房に言われるまま 鮑のし~古今亭志ん生 仕事に行ったが途中で身体の調子が悪くなって帰って来た男。 考えたら腹が減ってるんだ。飯を食わせろと女房のお光に言いますが、飯も米も金もないと言う。 友達のところへ五十銭貸してくれと言うと...

居残り佐平次~圓生・志ん生・志ん朝・談志・柳好他【動画】

居残り佐平次 三遊亭圓生【動画】 貧乏長屋の連中を連れて品川遊郭に来た佐平次という男。 翌日、連れを帰しますが自分は居残りをします。 連日飲み食いをしながら、勘定を催促されると、連れが持ってくると言って取りあいません。 実はこの男、居残りを...

親子茶屋~桂米團治(四代目・五代目)・桂米朝他【動画】

桂米團治(五代目)~親子茶屋 ある商家。 旦那に言いつけられ、丁稚が若旦那を呼びにいきます。 よく飽きもせず説教ばかりと、小言を軽く聞き流し、馴染みの芸者ののろけを言い出す始末。 旦那はカンカンですが番頭に仲裁され、阿彌陀さんにおすがりしよ...

蛙茶番~三遊亭圓生・三遊亭金馬・柳家小三治・三遊亭小遊三【動画】

「いいえ、ガマは出られません」 蛙茶番~三遊亭圓生【動画】 ある商店で店の者や出入りの商人が茶番(素人芝居)をやることになります。 演し物は天竺徳兵衛謀反譲り場。 店に舞台を拵えて準備万端ですが幕が開きません。 「役者が来ない、伊勢屋の若旦...

紙入れ~古今亭志ん生・三遊亭圓生・古今亭志ん朝・立川談志他【動画】

古今亭志ん生~紙入れ 貸本屋の新吉。出入り先のおかみさんと割りない仲が続いています。 おかみさんから、今日は旦那の帰りがないから泊まりにおいでと手紙をもらい、それを紙入れにしまって出かけます。 新吉は、旦那には大変世話になっているので、こう...

口入屋(引越しの夢)~桂米朝・古今亭志ん朝・三遊亭圓生他【動画】

桂米朝~口入屋 船場で古手屋を扱う商家に、口入れ屋を通じて別嬪の女中が来ます。 出迎えた番頭は女中に、給金は半期で六円しかないが、十銭、二十銭なりをお客に内入れ(手付金)をしてもらい、その分をワシがドガチャガしてあんたの懐へ入れる。六円が十...

首ったけ~三遊亭円歌・古今亭志ん生・古今亭志ん朝【動画】

三遊亭円歌(二代目)~首ったけ 吉原へ毎日のように出かけている辰つぁん。 敵娼(あいかた)も紅梅と決まっていて、見世を出る時にはいってらっしゃい、仕事を終わって行くと、お帰りなさいというくらいの馴染みになっています。 ある日、紅梅は回しで(...

けんげしゃ茶屋~桂米朝・桂文珍【動画】

粟餅を持ってお茶屋へ けんげしゃ茶屋~桂米朝【動画】 大晦日。商家の奥では春を迎える準備、店では節季の勘定で旦那は邪魔にされて行き場がなく散歩をしています。 又兵衛と出逢い、大晦日に茶屋遊びもできずこんな寒空にブラブラと歩いているのだと言い...

子別れ(子は鎹)~古今亭志ん朝・三遊亭圓生・古今亭志ん生・立川談志・笑福亭松鶴・三笑亭可楽【動画】

「痛いだろうけれど我慢をおし」 古今亭志ん朝~子別れ 「子は鎹(かすがい)」として知られる子別れ。上中下の各段があり、上段は「強飯の女郎買い」で独立した噺としても語られます。 上中段は滑稽噺、下段は人情噺として、テレビなどでは時間の都合でこ...

後生鰻~桂歌丸・古今亭志ん生

後生鰻~桂歌丸 あるご隠居。信心深く、殺生はしない。 蚊に血を吸われても痛い痒いを我慢して吸わしてあげるほど。 ある日、浅草の観音様へお詣りをしまして天王橋のところまできますと、鰻屋が鰻を割き台に乗せてキリを通そうとしています。 ご隠居あわ...

五人廻し~圓生・志ん生・志ん朝・談志・正蔵・さん喬他【動画】

林家正蔵(彦六)~五人廻し【動画】 明治初めの吉原。売れっ子の花魁喜瀬川を待っていますが夜が更けても一向に現れない。 寝ずの番の若い衆(牛・ぎゅう)が、男の部屋に入ります。 一人目は江戸っ子。こちとら三つの時から吉原に通ってんだ、ぐずぐすし...

三人兄弟~橘ノ園都・柳家小里ん

二階で謹慎中の三人兄弟が 三人兄弟~橘ノ園都 Watch 再生できない方はこちら(veoh) 船場の相当なお店に三人の息子がおり、これが揃っての遊び人。 長男の作次郎は若旦那らしい上品な遊び、次男の彦三郎は着流しの雪駄ばきで三新内でもしよう...

三枚起請~桂米朝・古今亭志ん朝・志ん生他【動画】

桂米朝~三枚起請 下駄屋の喜六が仏壇屋の源兵衛のところにやってきます。 源兵衛は、今までお前の母親が来ていて夜泊まり日泊まりして帰ってこない、 博打でもしているのではないかと心配していたと話します。 喜六は女(おなご)のほうだと言い、起請誓...

品川心中~三遊亭圓生・古今亭志ん朝・立川談志・金原亭馬生・春風亭柳朝

品川は衣衣の別れなり 品川心中~三遊亭圓生【動画】 品川遊郭の白木屋でずっと板頭(いたがしら)を張っていたお染。 トウが立って来まして小じわを白粉で隠し、この間まで鼻先であしらっていた子供にいい客がついて自分が二番三番に落ちる。 紋日には若...

写真の仇討ち(指切り)~林家正蔵・桂小南・三遊亭円歌・雷門花助

晋の予譲に倣って怨みを晴らせ 指切り~林家正蔵 宴会で親切にされた芸者と馴染んで貢いでいたが、その芸者に男があった。女を殺して自分も腹を切ると言う信次郎に、叔父は中国の故事を話します。 昔、晋国の智伯が趙襄子に殺され、その家来の予譲が主人の...

疝気の虫~古今亭志ん朝・立川談志

疝気の虫~古今亭志ん朝 明治の時代のお話。 ある医者が変な虫を見つけ、「つぶしてしまおうか」と呟きますと、 虫が「助けてください」と言います。 聞くと、自分は疝気の虫だと言います。 医者は疝気という病気は患者を実に苦しめてなかなか治らない。...

辰巳の辻占(辻占茶屋)~金原亭馬生・桂文枝・春風亭小朝

女郎の誠と卵の四角あれば晦日に月が出る 辰巳の辻占~金原亭馬生 あるお店の若旦那 猪之助。辰巳の遊女お玉のもとへ通いっぱなしで家に帰るのは月に二、三日。 伯父に呼ばれて、お前は騙されている。そうでないということが分かれば伯父さんが必ず一緒に...

町内の若い衆~古今亭菊之丞・古今亭志ん生・三遊亭圓楽・柳家権太楼

町内の若い衆のおかげです 町内の若い衆~古今亭菊之丞 ある職人の男が、大将のところを訪ねますと、応対に出たおかみさんがお茶を出し、主人は生憎寄り合いにでかけて留守だと言います。 男はいつも家の中をきれいにしてらっしゃる、大将も働き者だと茶話をしていますと庭のほうで工事の音がする。

付き馬~古今亭志ん朝・三遊亭圓生・三遊亭金馬・古今亭志ん生・立川談志・三笑亭可楽

付き馬~古今亭志ん朝 ある男、吉原でバカ騒ぎをした翌朝、牛(ぎゅう・店の若い衆)が部屋に入ってきて勘定の催促をします。 男は吉原の中のお茶屋に手紙(請求)を書いたが判を忘れたので自分で訪ねようと思う。一緒に行かないかと誘います。

搗屋無間~春風亭柳枝

堅物の徳兵衛が丸山花魁の絵姿に恋煩い 搗屋無間~春風亭柳枝 日本橋人形町の搗米屋 越前屋に十三年奉公している徳兵衛。 いたって堅物で道楽もなく、主人への預け金も十四、五両になっています。 その徳兵衛が寝込んでしまい、主人に頼まれた葭町の幇間...

つづら(つづら間男)~五街道雲助

間男は七両二分と値が決まり つづら(つづら間男)~五街道雲助 外から帰ってきた子供が母親のお兼に、友達がそんな雑布みたいな汚い着物を着てる奴のそばへ寄ると汚れると言って遊んでくれないと泣きます。 今縫っているのはお前の着物だよと、着せてやり...