目薬~露の五郎・橘家文左衛門・春風亭小朝



このこなぐすりはみみかきにいっぱいめじりにつけべし

目薬~露の五郎【動画】


目がかすんで薬屋に行った男、薬屋に「中に効能書きが入っているのでその通りに」と薬を渡されます。

さてこの男、字は読めませんが効能書きが読めないと言うのも恥ずかしいと、そのまま金を払って帰ります。

苦心しながら読んでみますと「めじりにさすこと」と書いてあるのですが、これを「女・・尻・・にさすこと」と読み違え、おかしいとは思いながら女房を呼んで尻をまくれと言います。

覚書

「め」には見覚えがある、お風呂の入り口に書いてある「女」という字だ。ということで読み違えるのですが、なるほど「女」をくずして書くと「め」に見えます。

読み書きのできない人が多かった時代、さもありなん。

東京では目を患った大工が、このままでは仕事に行けないと女房に目薬を買ってきてもらうところから始まります。

目薬~春風亭小朝

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です