質屋蔵~桂米朝・三遊亭圓生・吉朝・歌丸・枝雀・権太楼・南光【動画】



蔵に化け物が出るという噂を確かめに

質屋蔵~桂米朝

ある質屋。番頭を呼び出して「何か私に隠していることはないか」と聞きます。

風呂屋に行ったら「質屋」「蔵」「化け物」「幽霊」などというのが小耳に入ったと言う。

番頭は根も葉もないただの噂だと言いますが、旦那は質屋で預かる品は想いのこもった品物ばかり。一本の帯にも背景がある。どこでどう怨みを買っているかもしれない。


そういう想いや怨みで化け物や幽霊が出るというようなことが無いとは言えないので、正体を確かめておく必要がある。番頭に今晩蔵に泊まって確かめてくれと言いつけます。

番頭が怖がり、お暇を頂きますと言い出しますので出入りの職人の熊五郎を助っ人に頼むことにして定吉を呼びます。

定吉は呼ばれるなり「熊さんのとこへ」と言い出し、立ち聞きしていたなと叱られ、きつく口止めをされて熊五郎のところへ。

定吉は熊五郎に「旦那さんがえらい怒ってすぐ来いと言っている」と言い、熊五郎は急いでかけつけ、旦那の前で恐縮して酒の件かタクワンの件かと謝ります。

そうではない、こういう理由で番頭と一緒に今晩、蔵の番をしてほしいと頼みますと、威勢のよい熊五郎も化け物幽霊は苦手と及び腰になりますが、蔵の手前の離れで番をすることになります。

覚書

江戸時代からの上方落語で東京でも古くからよく演じられています。
圓生、歌丸の名演でも知られ、門下に引き継がれています。

前半、主人が「一本の帯にもこれだけの背景がある」と語る長台詞は、当時の庶民の風情が感じられる場面で、米朝は番頭に話している前提で登場人物の会話を表現しなければならない難しい場面だが、あっさりやってはいけない重要な場面だと言っています。

質屋庫~三遊亭圓生

質屋蔵~桂吉朝【動画】

質屋蔵~桂歌丸

質屋蔵~桂枝雀

質屋蔵~柳家権太楼

質屋蔵~桂南光

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 三遊亭圓生, 柳家権太楼, 桂南光(べかこ), 桂吉朝, 桂枝雀, 桂歌丸, 桂米朝 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*