鮑のし(祝のし)~古今亭志ん生・桂春団治・三遊亭圓楽・桂文枝・立川志らく・三遊亭百生





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治から戦前のお笑いを支えた漫才、音曲の数々、70年代の演芸ブーム、80年代の漫才ブームから現在に至る数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



明治・大正・昭和初期(エンタツ・アチャコ、ミスワカナ・玉松一郎、砂川捨丸・中村春代他)
昭和中期~後期(いとし・こいし、ダイマル・ラケット、やすし・きよし他 追加中)
平成~令和(鋭意準備中!)


しっかり者の女房に言われるまま

鮑のし~古今亭志ん生

仕事に行ったが途中で身体の調子が悪くなって帰って来た男。

考えたら腹が減ってるんだ。飯を食わせろと女房のお光に言いますが、飯も米も金もないと言う。

友達のところへ五十銭貸してくれと言うと、お前には貸せないが、お光さんが貸してくれと言っているならと貸してくれます。

家に戻るとお光はお頭つきの魚を買って来いと言われますが、魚屋には五円の鯛しかなく鮑を三個買ってきます。

お光は尾頭付きと言ったじゃないかと怒りますが、これを大家さんの息子さんに嫁が来るのでお祝いと言ってこれを持って行けば、祝儀に一円もくれるだろうから、五十銭を返して、残りの金で米を買って飯を食わせてやる。

祝いの口上を教えてもらって大家の家に向かい、なんとか口上をのべて鮑を渡しますが、これは片貝、磯の鮑の片思いと言うんだ。縁起でもないから持ってお帰りと言われてしまいます。

飯が食えなくなったと落胆して歩いていますと、出会った兄貴分が事情を聞いて鮑は、海女が命をかけて取り、仲の良い夫婦が布団の下に一晩敷いて、のしに仕上げるめでたいものだ。一円じゃ安い、五円よこせと言ってやれとけしかけます。

覚書

別題『鮑貝』(あわび貝)『祝いのし』

志ん生は途中で切っていますが、この後、大家に家に戻ってのしの由来を語り、感心した大家が一本杖をついたような「乃し」と書かれたのがあるがあれは何だと聞き「鮑のお爺さんでしょう」でサゲます。

あわびのし~三遊亭圓楽

祝いのし~桂文枝

鮑のし~三遊亭百生く

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください