田能久(たのきゅう)~三遊亭圓生・立川談志・立川平林【動画】



呑んでやるから裸になれ

田能久~三遊亭圓生


阿波徳島の田能村の百姓 久兵衛。芝居好きで役者としても上手く好きな者が集まって『田能久一座』を結成して村々を巡業をするようになります。

この人気を聞きつけて、伊予宇和島から依頼が来たので出かけ、大した評判になって毎日満員続き。

しかし四日目、国元から母親が大病との知らせが届き、親孝行な人で後を仲間に頼んで、大事にしているカツラや衣装をまとめて急いで国に向かいます。

法華津峠を越え、鳥坂峠に差しかかると、雨が降ってきます。

山から下りてきた村の人達が、この山は悪いモノが出るから明日にしなさいと勧めますが、母親が心配で少しでも早くと山に入ります。

どんどん雨脚が強くなり、峠にかかると凄まじい雨。
小屋を見つけて中に入り囲炉裏に薪をくべ、濡れた物を乾かし暖をとっておりますと眠気が差してきてそのまま寝込んでしまいます。

寒気を感じて目を覚ましたら、囲炉裏の火は消え小屋の隅に八十を越えたと見える老人が立っています。

俺はこの山に古くから住むウワバミだ。呑んでやるから裸になれと言います。久兵衛は「母親の病気で心配で看病に戻ります。全快したら戻ってきます、それまで許してください」と頼みますが老人は聞きません。

名前くらいは聞いてやろうと言いいますので、「田能久でございます」と答えると、なんだ狸か。俺は人間だと思うから喜んで出てきたが、狸ではしょうがない。俺は贅沢だから人間以外は呑まない。けものを飲んだなどと言われれば仲間に幅がきかない。

狸なら化けてみろ、化けなければ人間とみなして呑むと言われ、久兵衛は島田のカツラをかぶって女に、坊主のカツラをかぶる、大百(だいびゃく)をかぶって悪党に変わる。

感心したウワバミ、俺のところへ住んで化け方を教えてくれと頼み、久兵衛が母親の看病が済めば伺うと約束しますと、ウワバミはもてなしのために好き嫌いを聞いておこう。何が嫌いだと聞きますので、久兵衛は「金」が怖いと答えます。

ウワバミは、では俺の嫌いなものも教えておこう、煙草のヤニが体につくと体が腐る。柿渋は身動きがとれなくなると話し、人には決して喋るな、お前の嫌いな金のこともしゃべらないからと約束をして去っていきます。

覚書

徳島の井内谷に伝わる民話をもとにした落語です。

原話では久兵衛が煙草を吸おうとしたらウワバミがそれは苦手だからやめろと言うのをきっかけに、俺の苦手を教えたのだからお前の苦手なものも教えろと迫ります。
こちらのほうが話としては自然なように思いますね。

田能久~立川談志

田能久~立川平林【動画】

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です