猫怪談~三遊亭圓生



猫怪談~三遊亭圓生

与太郎の養父が亡くなったと聞いて大家が訪ねてきます。

準備はできているかと聞きますが、与太郎はお棺へ納めて線香を上げたかと聞くと何もしていないと答え、線香もなければ金もないと言います。

早桶はあるというので褒めると井戸端で拾ってきた漬け樽で、よくよく聞けば大家の樽。

大家が一通りの手配をして通夜も済ませ、月番の羅宇屋の甚兵衛が先棒、与太郎が後棒を担ぎ、大家が提灯を持って、四ツ、今の時間で夜の十時に谷中の瑞林寺へと担ぎ出します。

覚書

噺の中では猫らしい黒い影が通るだけですが、昔から死体を操るのは猫化けの仕業とされ「魔がついた」と言われました。

江戸では亡くなった人の胸のところに懐剣を置くならわしがあり、これが魔除けとなっていました。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in な~の, 三遊亭圓生 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*