柳田格之進(柳田の堪忍袋)~立川志の輔・古今亭志ん生・志ん朝【動画】



立川志の輔~柳田格之進


両替商越前屋の当主、作左衛門とこの店の近くの裏長屋に娘と住む浪人の柳田格之進。
格之進と作左衛門とは碁仇で、毎日のように越前屋の離れで碁を囲んでいます。

夏のある日、碁に夢中の作左衛門のところに番頭の久兵衛が百両の金を届けにきて、作左衛門は、上の空でその金を膝上に預かります。

その夜、あの五十両はどうなされましたかと聞く番頭に、あぁ、忘れていたと離れを確かめますが、どこにも見当たりません。

番頭は「もしや柳田様が」と言いますが、作左衛門は柳田様はそんな方ではないと突っぱねます。

納得がいかない番頭、柳田格之進の住む長屋に向かいます。

柳田は身に覚えのないことと言いますが、番頭の執拗な問いに「明日五十両を用意する」と約束をします。

娘に叔母の家に手紙を届け、明日の夜にでも帰ってくればよいと話します。
しかし、娘は事情を察し、「お腹を召すことだけはどうかお止どまりください、私が吉原へ身を落とし五十両をこしらえますので離縁をお願いいたします」

翌日、娘は吉原へ身を売り五十両の金を用意し、これを柳田格之進は番頭へ手渡します。

「五十両の件、この首にかけても神仏にかけても知らぬこと。この先もし五十両が出でし時にはいかがいたすか」と問います。

番頭は万が一にもそのようなことがございましたら、私の首、旦那の首を差し上げましょうと言って戻ります。

店に戻った番頭、作左衛門に報告をしますが、作左衛門は激怒、今すぐ返しに行くと長屋を訪ねますが家財を残し、故あって引き移る旨の手紙を残して行方が知れなくなってしまい、作左衛門大事な友を無くしたと嘆き、番頭を叱責します。

さて、年末が近くなり掃除を始めた丁稚が、離れの額の裏に五十両が挟まっていたと持ってきます。

作左衛門は番頭はじめ奉公人全員を集め、なんとしても柳田様を探すのだと懸賞金をかけて八方手を尽くしますが見つかりません。

年が開けた初春四日、番頭と鳶の頭が湯島天神に参詣して階段を下りて行きますと、立派な身なりの侍が階段を上がってまいります。



覚書


志の輔はいいですね。若い頃のものは早口が耳につきましたが、十分な間をとり、その間に客席がシンと静まり返り、次の言葉を待っている空気はなんとも言えないものがあります。

武士 柳田格之進の凛とした気概、父の覚悟を悟って自ら吉原へ身を落として五十金を作るという娘の覚悟。

商人作左衛門の、金よりも友を慕う心と、番頭を庇って柳田が来る日に番頭を使いに出し、自分が番頭に命じたもので番頭は助けてやってくれという思いやり、

唯一の悪役である番頭さえもお店大事の忠信からの言動、使いに出された番頭がそれと察して柳田の前に首を差し出し、私を斬ってくれと言う。

まさに人情噺というにふさわしい傑作です。

古今亭志ん朝~柳田格之進【動画】


志ん生の十八番を志ん朝が引き継ぎました。
志ん生はディテールにはこだわらず物事や人情の機微をダイレクトに伝えましたが、志ん朝はその大胆さに細かい描写を加えてさらに情感的な噺に仕上げていきました。

古今亭志ん生~柳田格之進

昭和初期から戦後は、この噺は志ん生の独壇場で、志ん生以外では聴けないと言われていました。

志ん生の祖父は直参旗本でしたので、マクラの父親の話がなんとも時代が感じられていいですね。
「柳田の堪忍袋」はたっぷり55分ありますが、こちらは25分と短いバージョンです。

番頭と柳田格之進の娘を夫婦にし、子供を格之進の後継にしたということでサゲます。

金原亭馬生~柳田格之進

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in や~ん, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 立川志の輔, 金原亭馬生 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*