四段目(蔵丁稚)~古今亭志ん朝・桂米朝・三遊亭圓歌・桂枝雀【動画】



御前! 待ちかねたぁ~

四段目~古今亭志ん朝


あるお店の小僧、定吉。
芝居好きで、何かの用事を言いつけられるとその帰りに芝居を観てなかなか帰らない。
今日も使いに出たきりです。

ようやく定吉が帰ってくると旦那が待ち構えていて小言を言います。

「お前何時に出ていった」
「あれは確か、9時頃だと思います」
「今何時だ?」
「2時をちょいと過ぎております」
築地のよろづ屋さんまでゆっくり歩いても往復一時間で行ける。お前どこで遊んでいたろう、芝居を観ていただろうと問い詰めますと、

「あたしは芝居が嫌いなんです」と答えますので、旦那は、明後日に店を休んで皆で芝居を見に行こうということ思うのだが芝居が嫌いなら丁度いい、留守番を頼むと言いつけます。

覚書

ご存知忠臣蔵の四段目判官切腹の場。
上方で蔵丁稚として演じられていたものを、桂米朝が東京へ移しました。

五段目の話をして定吉に芝居に行っていたと白状させる場面、東京では「前脚が團十郎・後脚が菊五郎(または海老蔵)で」と演り、上方では「前脚が中村鴈治郎で後脚が片岡仁左衛門。日本一の猪や」、

定吉は「五段目の猪いうたら、大部屋の役者がそれも一人でやりまんねんで。前脚が成駒屋、後脚が松嶋屋やなんて、そんなアホな」と返し「そりゃ嘘や、あたいさっき観てきたもん」と言ってしまいます。

蔵丁稚~桂米朝


src=”https://www.youtube.com/embed/Tx62H63RVdQ?list=PLLymwIt4gwcv3EyyeGzYiURtJKmQLR59R” frameborder=”0″ allowfullscreen>
この人の芝居噺は本当にすごい。

四段目~三遊亭圓歌

蔵丁稚~桂枝雀

歌舞伎 仮名手本忠臣蔵


歌舞伎の仮名手本忠臣蔵です。1:51:00頃から判官切腹の場です。
判官は尾上梅幸、由良之助に松本幸四郎、力弥は中村勘九郎。昭和52年の公演です。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in や~ん, 三遊亭円歌(二代目), 古今亭志ん朝, 桂枝雀, 桂米朝 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*