代書~桂米朝・枝雀・立川談志他【動画】



桂米朝~代書


色街の箱屋(芸者の三味線箱を持って歩く仕事で、芸者の着付けも行いました)に応募するのでと、履暦書の代書を頼みに来た男。

本籍、現住所、生年月日、職歴と聞いていきますが、トンチンカンな答えで履歴書は抹消や訂正だらけに。
最後に署名が必要なのですが、無筆とのことで自署不能ニ付代書として判を捺します。

次に、上品な老人が結納の受け取りの代書を頼みにきます。
ゲンのものなのでと、筆と墨を新しいものでと頼み、代書屋は応じます。

筆を下ろし、墨も高価なものををすったところで表の『中濱代書事務所』の字を見て、あまり名筆でないと帰ってしまいます。

次は、外国人が妹の渡航証明を頼みに来ます。
言葉がかみ合わず死亡届けが出されていなかったり、妹の出生届が出ていないなど戸籍をきちんとするところからはじまって書類の山。
これで届けをすれば大丈夫になるが、届けを怠ったということで二十円ほどの罰金をとられると聞いた客は、突然言葉がわかりませんと言ってそのまま帰ってしまいます。

入れ代わりにさきほど訪れた老人のところの女子衆さんが、さきほどは失礼したのでお筆料ということでお金を持ってきますが・・。


覚書

米朝の師匠四代目桂米團治が、昭和十年代に代書屋の副業をしていた経験から創作した落語です。
サゲまで語られることはあまりなく、大抵は最初の男のところで切られます。

立川志の輔の新作落語「みどりの窓口」も客が入れ替わりで難題を持ってくるもので、大変身近でおもしろいものですが、無筆の人が多く代書屋というものが身近だった時代には、客側ももっと現実感のあるおもしろい話だったのだろうなと思います。

桂枝雀~代書

「生年月日言うてもらえますか」と言われ、男が「生年月日」と大声で言う演出を加えて拍手と笑いを呼びました。

立川談志~代書屋

代書屋とつるつる(31:23~)二篇をつづけて語っています。

一人目の男は日本橋人形町に住む男、二番目は卒業証書を偽造してほしいという女学生、三番目は「お父さんお母さん喧嘩しないでください」と書いてください、という子供に変えています。
次の外国人は原作通り渡航証明の依頼で、すったもんだのあげく、「なんだかわかんなくなっちゃった」でサゲています。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 桂枝雀, 桂米朝, 立川談志 and tagged , . Bookmark the permalink.

関連演目 "代書~桂米朝・枝雀・立川談志他【動画】"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*