向う付け(三人無筆)~笑福亭仁鶴





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治・大正・昭和・平成・令和の数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



帳場を任された無筆の男三人は・・

向う付け~笑福亭仁鶴

お世話になったご隠居が亡くなり、お通夜に行った男。

明日の葬式に帳場を頼まれますが、この男、字の読み書きができません。
帳場にはあと二人男がおり、よかったと安心したもののこの二人も無筆だと言う。

覚書

日本の識字率は江戸時代でも世界と比べて格段に高いのですが、それでも昔は学校に通えず読み書きのできない人というのはいたように思います。

おもしろい噺だと思うのですが今ではこういう場面はあまり想像できるものではなく、この噺もあまり聞かれなくなりました。

三人無筆~柳家一琴


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください