鴻池の犬~桂米朝・桂枝雀・林家正蔵【動画】



鴻池の犬~桂米朝


商家の主人、早朝に小僧を起こし、すまないが店の表で何やら音がするので見てきてほしいと頼みます。

小僧が表に出て帰ってきますと捨て子だと言い、よく聞いてみると白、黒、ぶちの三匹の子犬。お前が世話をするならと主人は家に置くことにします。

ある日、男が店に来て黒犬をほしいと言い主人が承知をしますと、今日は通りがかりなので吉日を選んで改めていただきに参りますと言って帰ります。

主人は、大層なこと。からかわれたのだろうと思って忘れておりましたが、数日後に男が紋付きに羽織袴、伴を従えてやって参ります。

どうぞこれをお納めいただいて、と男が差し出したものを見て主人はこの話は変改(へんがい)にさせてもらいたいと言い出します。

犬の子一匹もらったこともあげたことももないが、物には程というものがある。
ジャコのひとつかみや鰹節一本やであれば、どうぞと差し上げますが、鰹節一箱、酒が二升、反物が二反。あそこの家は拾った犬で金儲けをしたと言われれば暖簾に傷がつきます。

男は、言葉が行き届かず申し訳ない、自分は鴻池善右衛門の手代で、主人の子供がかわいがっていた黒犬、物心ついた頃から一緒に育ち、クロよクロよとかわいがっていたものが急死、それ以来ご飯も食べずクロに似た犬を連れて行っても「これはクロやない、クロはどこへ行った」と機嫌が悪く体も痩せてまいりました。

先日ご門前を通りかかりました時にこの黒犬がクロに生き写し、善右衛門にも相談いたしましたらすぐにでもということで、今日はよい日でございますのでいただきに上がりました。

主人は得心し、黒犬は立派な輿に乗って鴻池の本宅へ。

覚書

古い上方落語です。

鴻池善右衛門は「はてなの茶碗」にも登場する上方の富豪の代表格。
今橋の本邸は間口36間(約65m)、奥行20間(約36m)、表屋造りの巨大な町家建築で48畳の大広間を含む住居の一部と茶室、庭などが大阪美術倶楽部旧館として利用されていましたが老朽化のため平成19年(2007)に取り壊されています。

鴻池の犬~桂枝雀

鴻池の犬~林家正蔵


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in か~こ, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 桂枝雀, 桂米朝 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*