阿武松(おうのまつ)~三遊亭圓生・立川談志・入船亭扇辰



明日は おまんまの敵 武隈文右衛門

阿武松~三遊亭圓生

長吉 大飯食らいのため破門される

能登の鳳至(ふげし)郡鵜川村字七海の百姓仁兵衛の倅 長吉。歳は二十五。名主の紹介状を持って、京橋観世新道の武隈文右衛門という関取の所に入門しまて小車というしこ名をもらいます。

この小車、人間離れした大食いで、朝起きると赤ん坊の頭ほどのおにぎりを十七・八個食べ、これからお膳へ向かって三十八杯まで勘定したがわからなくなったとおかみが言い、

あんな奴がいたら食い潰されてしまうから今のうちに暇を出したほうがよいと言われた武隈文右衛門、

「大飯食らいにロクな奴は居ない」と一分の金を持たせて破門になります。

橘屋善兵衛 長吉を助ける

長吉は飯が破門されたとは村に帰って言うこともできないと、もらった一分だけの飯を食って川に身を投げようと決め、板橋の橘屋善兵衛の旅籠に投宿します。

二升入りのおひつを三度取り替えてまだ食べていると女中に聞いて主人の善右衛門が見物に行き、飯の代は別にはもらっていないから十分にお食べくださいと言います。

小車は一杯食べると一杯ずつ寿命が縮まりますと言い、善右衛門に訳を話します。事情を聞いた善右衛門、関取になれれば死ななくてよいというのなら、懇意の親方に紹介する。米を月に五斗俵を二俵つけると言って、根津七軒町の親方、錣山(しころやま)喜平次の所へ連れて行きます。

錣山喜平次 長吉に惚れ込む

中へ通された善右衛門、錣山に弟子を取ってもらいたいと頼みますと、錣山は、旦那のお世話なら身体を見なくてもお引き受けいたします。

長吉が錣山に挨拶に上り、これを錣山が見て「いい、いい」と唸る。
酒も遊びもやらず、ただ飯だけが好きである事や、そのために武隈親方に破門された事を話し、お米は善右衛門が毎月持ってくると言いますが、親方は米はいらない、その代わり、幕に入ったときには印物でも贈って贔屓にしてやってくださいと言います。

改めて錣山に入門し、錣山の出世名前 「小緑」のしこ名を貰います。

おまんまの敵 武隈文右衛門との取組

文化十二年十二月 序の口・裾から四枚目に小緑長吉の名前が載り、
翌十三年二月には序の二段目、裾から二十四枚目と百日と経たない間に番付を六十数枚と飛び越した古今に珍しい出世をします。

初土俵から七年後の文政五年、蔵前八幡の大相撲で入幕し、小柳長吉と改名。初日。二日目、三日目と連勝し、四日目の取り組み相手がおまんまの敵 武隈文右衛門と決まります。

この取り組みが長州侯の目にとまり阿武松緑之助と改名、六代目の横綱を張るという出世力士でございます。

覚書

阿武松緑之助(おうのまつみどりのすけ)は七代横綱 稲妻雷五郎とともに文政期の相撲を盛り上げた力士で、温厚で義理堅い人であったと言います。色が白く力を入れると全身が朱になった様は錦絵のようだと言われました。

しかし、慎重な取り口が多く、稲妻雷五郎との取り組みで「待った」をかけたことから人気が落ち、「待った、待ったと、阿武松でもあるめぇし…」と江戸の流行言葉にもなったと伝わります。

阿武松~立川談志

阿武松~入船亭扇辰


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 三遊亭圓生, 入船亭扇辰, 立川談志 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*