居酒屋~三遊亭金馬・桂文朝



ブリにお芋に酢蛸でございます ひぇ~い

居酒屋~三遊亭金馬


流行らない縄のれんの居酒屋。小僧は居眠りをしています。

ここへ盲縞の長半纏を着て風呂帰りらしい男が入ってきます。
小僧が宮下にお掛けなさいと大神宮飾りの下の席に案内、お酒は澄んだのと濁ったのとどちらにしますと聞きます。

濁った酒なんか飲めるか澄んだ酒だと男が言いますと、小僧は「上酒一升!」。男が一合でいいんだよと言いますと「これは景気づけです。」

肴は何ができると聞くと、「へぇ~い できますものは、 汁、柱、鱈昆布、アンコウのようなもの、 ブリにお芋に酢蛸でございます。ひぇ~い」

では「のようなもの」っていうのを一人前持って来い。

覚書

居酒屋の金馬か金馬の居酒屋かと言われ、この人気で家が建ったと言う三遊亭金馬の名演です。

酒を呑む男が小僧をからかうというだけの噺ですが妙に可笑しい。

ずっこけ」(上方では「二日酔い」)の前半を伸ばしたものですが、金馬の人気でこちらのほうがずっと有名になりました。

上方の「煮売屋」(東の旅 伊勢参宮神乃賑)を江戸話に直したものとも言われています。

映画『の・ようなもの』(1981年 森田芳光監督)、その35年後を描いた『の・ようなもの のようなもの』(2015年 森田芳光監督)のタイトルにも使われています。

居酒屋~桂文朝

桂文朝は二代目桂小南の弟子で、金馬の孫弟子にあたります。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 三遊亭金馬 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*