六尺棒~立川談志・古今亭志ん生・三遊亭小遊三他【動画】



六尺棒~立川談志

道楽息子の孝太郎、「床屋へ行ってくる」と言って吉原へ行き、十日居続けた夜、家に帰ってきて店の戸を叩きます。

「夜半おそくどなたです? 店は十時限り、お買い物なら明朝にお願いします」
と中から親父の声が聞こえます。

息子の幸太郎だと言いますと、「幸太郎のお友達でございますか、極道が過ぎるので勘当にいたしました。」と、とりつく島がありません。

困った幸太郎は、一人息子で後継ぎはどうするのだとか、死んでやるなどと脅しますが、親父に一向に聞きません。

最後の手段と家に火をつけて燃やしてやると、袂からマッチを取り出し、、


覚書

文化4年(1807年)十二代徳川家慶の頃の口演記録が残っていると言いますから、大変に古い噺です。
登場人物が二人だけというめずらしい噺でもあります。

初代三遊亭遊三がよく語っていたといいます。
この遊三という人は、徳川家の御家人で小島弥三兵衛長重という大層な名前。

呑む打つ買うと三拍子揃った遊び人で、演芸にも没頭、家族縁戚の猛反対を押し切って五明楼玉秀、さらに雀家翫之助という名前で高座に出ていました。

その後、明治維新が起こりますので、上野戦争には彰義隊にも参加しますが、はなから戦う気はなく、早々に逃げ出します。

維新後には高座を離れ、書記から判事補となって函館で暮らしますが、被告の女性と関係を持って有利な判決をしてクビ、東京に戻って高座に復帰するという、そのまま落語になりそうな人生を送っています。

古今亭志ん生~六尺棒


志ん生も多く高座にかけていました。

柳家小さん~六尺棒


四代目の口演ですね。貴重な音源です。

桂文治~六尺棒


九代目文治。稲荷町の留さん! 彦六の正蔵と同じ長屋で隣に住んでいました。
吝嗇家とロセンが馬並みだというのが評判の方でした。

三遊亭園馬

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in や~ん, 三遊亭園馬, 三遊亭小遊三, 古今亭志ん生, 立川談志 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*