鯉船~桂米朝



町の幇間 髪結い磯七

鯉船~桂米朝

回りの髪結い磯七。町内では便利屋、愛嬌者で世話好き。花代のかからない幇間のような男で町内では人気者です。

ある若旦那が東横堀に船を浮かべて網打ちに行こうというのを、磯七が橋の上から見付けます。

お供しますと無理やり船に乗り込み、若旦那に網を打ってみろと言われた磯七、網内ではこんなことがあった、あんなことがあったとなかなか網を打ちません。

覚書

上方の古い小咄を一席に仕立てた噺です。
この噺に出てくる磯七は『釜猫』などにも出てきます。

サワリにあるように、上方落語では登場人物の名前でよく出てくるものが決まっています。

ちょっとぼやっとした喜六としっかり者の清八、その兄貴分の源兵衛は旅噺や長屋噺などでおなじみです。長屋のおかみさんはお咲さん、商家の女衆はお鍋、お竹、お熊。
なんでも知っている横町のご隠居 甚兵衛、商家の遊び人の若旦那は作次郎。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です