尻餅~春風亭一之輔・笑福亭松鶴・三笑亭可楽・桂小南・入船亭扇橋・桂雀松・笑福亭三喬



尻餅~春風亭一之輔【動画】


大晦日。貧乏長屋住まいの八五郎夫婦。

女房が八五郎に、近所では皆 餅をついているのにうちではつかないのかと文句を言っています。

八五郎、金がないので餅なんかつけない、餅なんぞ食わなくても死にゃしないと言いますが、女房はなんとか餅をつく音だけでもと頼みます。

八五郎は「ではなんとかしてやろう」と餅屋のふりをして表から家に入り、祝儀を出せ、酒を出せと隣近所に聞こえるように言い、女房に尻を出させ、これを叩いて餅つきの音を・・・

覚書

年末になると聞きたくなる噺です。
女房の尻を叩いて餅つきの音を出すという発想が少し色気もあっておもしろく、何より貧乏を笑い飛ばす落語ならではの明るさが楽しい。

関西では笑福亭松鶴をはじめ一門を中心に演じられる噺で、東京では三笑亭可楽や桂歌丸なども年末になると楽しそうに演じていました。

サゲは東京では「おこわ」上方では「白蒸し」で、白蒸しは餅米をふかしたままのものですので、こちらのほうが女房の気持ちが汲み取れてリアルです。

尻餅~三笑亭可楽

尻餅~桂小南

尻餅~入船亭扇橋

尻餅~桂雀松

尻餅~笑福亭三喬

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です