寄合酒~三遊亭金馬・笑福亭松鶴【動画】





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治から戦前のお笑いを支えた漫才、音曲の数々、70年代の演芸ブーム、80年代の漫才ブームから現在に至る数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



明治・大正・昭和初期(エンタツ・アチャコ、ミスワカナ・玉松一郎、砂川捨丸・中村春代他)
昭和中期~後期(いとし・こいし、ダイマル・ラケット、やすし・きよし他 追加中)
平成~令和(鋭意準備中!)


金はないけど酒が飲みたい若い者が集まって

三遊亭金馬(三代目)~寄合酒


若者が集まって金はないけれど飲みたい、皆で算段をして酒や料理を調達してくるという噺で、笑いの要素がたくさん詰まった噺でありながら誰がやっても受けるものではなく、間のとりかたなどが難しい噺です。

また、古い噺ということもあって、米かし桶(米を研ぐための桶)、すり鉢・れん木(すりこ木)で味噌をする(昔は味噌をすって味噌汁を作っていました)などもわからない人が多くなってきています。

「寄合い」というのも最近は聞かれなくなった言葉ですが、会合、相談、会議など、近所の人が集まって話をする集会はすべて寄合いという言葉が使われました。

この噺にはサゲはなく、「わぁわぁ言うとります。寄合酒というばかばかしいお噺でございます」で終わります。これを下げまで語ると、田楽食い(ん廻し)になるというのが通説です。

笑福亭松鶴~寄合酒


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





寄合酒~三遊亭金馬・笑福亭松鶴【動画】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください