佃祭~古今亭志ん朝・三遊亭金馬・古今亭志ん生・春風亭柳朝



情けは人の為ならず 江戸人情噺

佃祭~古今亭志ん朝


神田お玉ヶ池の小間物問屋の主人次郎兵衛。今日は楽しみにしていた佃島・住吉神社の大祭が開かれますので朝からうきうきと支度をしています。

悋気持ちの女房は「祭りが白粉をつけて待ってるんでしょ」などと嫌味を言いますが祭りが好きなんだと船に乗って出かけます。

一日祭り見物をして仕舞船(最終便)に乗ろうと渡し場に着きましたが、どの船も満員。船頭に頼み込んでなんとか乗り込もうとしたところへ、女が次郎兵衛の袖をつかんで「ちょっとお待ち下さい」「私は急いでるんで他の人に」「お願いでございます」とやりとりしているうちに船は出てしまいます。

女は、三年前に本所一ツ目の橋から身投げをするところを、三両のお金を恵んでいただいた者でございます、今はこの佃島で世帯を持ち幸せに暮らしております。主人にも会っていただきお礼を申し上げたい。主人は船頭をしているので船はいつでも出せますからと家に誘います。

身投げの際の話をしているところへ外が騒がしくなり、聞いてみると仕舞船が転覆して一人も助かった者はいない。舟場は死骸の山とのこと。

よく引き止めてくれた。命の親だと次郎兵衛、女に感謝します。
主人も帰ってきて礼を述べ、今日はこの騒ぎだから舟場が落ち着くまでと言われてここで厄介になります。

一方お玉ヶ池の店。仕舞船が帰ると言った次郎兵衛が帰らない、人をやって聞いてみると仕舞船が沈んで五百人死んだ、いや千人だ、いや佃島へ行った者は全員死んだという噂。次郎兵衛も死んだと大変な騒ぎに。

覚書

江戸古典落語、珠玉の人情噺です。

志ん生は滑稽重視、金馬は人情重視の演出でどちらも人気の演目でした。
志ん朝はこの二人の演出をさらに昇華させています。

佃の渡しは船松町(湊町)と佃島の鉄砲洲を結んだもので三代将軍家光の頃から昭和39年に佃大橋が開通するまで三百年以上に渡って続きました。

明和六年(1769年)の三月に藤見物の客を満載した船が転覆して三十人以上が亡くなった事故をもとに作られた噺のようです。

佃祭~三遊亭金馬

佃祭~古今亭志ん生

佃祭~春風亭柳朝

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です