真二つ~柳家小さん



山田洋次作 名刀 魚切丸の値は指二本

真二つ~柳家小さん

神田錦町の道具屋 甚兵衛。嘘がつけずお世辞も言えないため、商売もうまくいかない。

友達に勧められて、用心のために家にあった二十両を懐に入れて、成田不動に願掛けに出かけます。

浦安あたりで宿をとり、翌日、成田不動に商売繁盛を祈ってそのまま江戸へ向かいます。

山の紅葉が美しく、田んぼの稲穂も黄金に輝いています。
宿で拵えてくれた弁当を食べようと、農家の縁側を借りたいと頼むと奥へ通されてお茶も出してくれます。

おにぎりを食べ終わって、一服すると大根が大量に干してあり、竿が足りないと見えて薙刀まで使って干してあります。

と、落ちてきた銀杏の葉が、薙刀に触れた瞬間に二つになってしまいます。飛んできた赤とんぼも二つになってしまう。

驚いて見に行き、目釘を抜いてなかごを調べますと、「魚」「切」の文字。
備前の刀匠が、自分の作った刀を川につけておくと鮎が二つになって泳いだのを『魚切丸』と名付けたという言い伝えがある業物。

研ぎ直せば三十両から五十両にもなる。思わず盗んでしまおうかとも思いましたが気を取り直し「お百姓!」と声をかけます。

薙刀を知らないふりをして、道中の杖代わりにしたいので売ってくれと言います。
百姓が売っても良いと言いますと、奥で寝ていた女房が呼び「三分くらいはもらいなさい」と言う。

百姓が「女房に、先祖代々のものだから安く売ってはいけない」と言われた。これくらいでどうだと指を三本立てますと、甚兵衛は三十両かと思い「それは高い」と言います。

「高いだろうね。それでは」と指を一本出すと、女房はもう一度亭主を呼ぶ。戻った百姓は指を二本出し、甚兵衛は承知します。

女房に「二分でいいな!」と聞く百姓。聞いた甚兵衛は大喜びで二分を渡して薙刀を手に家を出ます。

急いで歩いたので草鞋の紐が切れ、薙刀の刃をお地蔵さんに立てかけると、お地蔵さんが真っ二つになります。

ふと、これも成田山の御利益だから、これから戻ってお礼参りをしようと街道を引き返し、こんなものを持っていたら危ないからと先程の百姓の家に預かってもらいます。

お礼参りを済ませ、百姓の家に戻った甚兵衛。薙刀はどこかと聞きますと、百姓は、杖に使いやすいようにと薙刀の柄を半分に切って紐を付けてやった、刀身は薪割りに使うと言っていたので、半分にたたき折って柄を付けた。先は子供が踏んだりしたら大変だから、裏の池に捨てたと言います。

覚書

「男はつらいよ」で知られる山田洋次監督が1970年代に柳家小さんのために書いた新作落語で、落語好きだった山田洋次は小さんに頼まれて落語作家になるという長年の夢が実現したと喜んで「頓馬の使者」「目玉」と合わせて三作を提供しています。

サゲは小さんが考えたもので、山田洋次も「こんなシュールなオチを考えるとは」と驚いたと言います。

柳家さん喬や柳家花緑も持ちネタにしています。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in ま~も, 柳家小さん(五代目) and tagged , , . Bookmark the permalink.

関連演目 "真二つ~柳家小さん"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*