化け物使い~古今亭志ん朝・立川談志・春風亭一之輔・古今亭志ん生・桂南光・桂三木助・林家正蔵



人使いの荒いご隠居が、幽霊屋敷に引っ越しをして

化け物使い~古今亭志ん朝

本所の割下水の吉田のご隠居、人使いが荒く奉公人が居着きません。

日本橋葭町の桂庵(口入れ屋)千束屋(ちづかや)に紹介されて来たのが杢助(もくすけ)。

ご隠居は、今日は来たばかりなので骨休めしといていいが、と言いながら、薪を割って、炭をいい長さに切って縁の下の炭箱に丁寧に入れておけ、ついでに縁の下の蜘蛛の巣をきれいに払って、天井裏の鼠の死骸や糞なんかがあったらきれいに掃除して、どぶを掃除して、隣の家が無精で掃除しないから風邪が吹くとゴミが飛んでくるので家の前を掃除して、反対側の家も掃除しないと角がたつからそこも掃除して、ついでに向こう三軒も綺麗にしとけ。

その間に手紙を書くから品川の青物横丁まで持っていって、ついでに千住まで回ってもらおう。今日は骨休めだから、明日からみっちり働いてもらう。

大変な家にきましたが、この杢助という男も変わっていて、いくら用を言いつけられても片っ端からどんどんと仕事を片付けていまきす。

三年の月日が経ったある日、杢助が髪結床から帰って来て、近々化け物屋敷に引っ越しをするというのを髪結床の主人に聞いたが本当ですかと聞きます。

ご隠居がその通りだと答えると杢助は、暇をもらいたいと言い出します。

人使いが荒いからということではなく、自分は化け物が苦手で、そういう噂を聞いただけでもその前を通ることすらできない。どうか暇をいただきたいと言います。

ご隠居はそれなら暇をやると言いますと、杢助は、暇をもらえば主人でも使用人でもないから、ひとこと言っておきたいことがある。

旦那様は人使いが荒いのではなく人使いに無駄がある、豆腐を買って来いの次は油揚げ、次は卯の花と同じところへ三度も行かせる。それなら初めから豆腐と油揚げと卯の花を買って来いと言えば一度で済む。そういうところを改めなければならない。

千束屋でも旦那様の人使いの荒いのは有名だから働き手は誰も来ないだろう。
自分は旦那さまが嫌いで暇をもらったわけではなく、化け物が出る噂のある家へ行くのが嫌だからだ。
引っ越しまではここにいるから、その間に自分で人を探しなさいと言います。

ご隠居は方々人を探しますが見つからず、引っ越し当日を迎えてしまいます。

杢助はご隠居に引っ越しは自分が一人やるから碁会所にでも行っててください、でも日の暮れまでには必ず帰ってきてほしいと頼んで、荷物を移し、掃除も済ませます。

ご隠居が帰って来ると、以前から住んでいたように家の中はすっかり片付いています。

ご隠居は喜んで、風呂へ行って来い、晩飯を食って今日は早く寝てしまおうと言いますが、杢助はとんでもない、長々お世話になりましたと言って逃げるように家を出ていってしまいます。

覚書

青物横丁のついでに千住なんてのは、東京の地理がわかってないと理解できないですが、東京の南西と東北、電車でも三、四十分かかりますので無茶苦茶です。

よくこれだけ用事を考えられるものだという噺ですが、談志は、現代ならもっといろんな用事を考えられると言っていました。確かにテレビやパソコン、新聞、DMなど家の用事だけでもたくさんありそうです。

化け物使い~古今亭志ん生

化け物使い~立川談志

化け物使い~春風亭一之輔

化け物使い~桂南光

化け物使い~桂三杢助

化け物使い~林家正蔵

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 春風亭一之輔, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 桂三木助(三代目), 桂南光(べかこ), 立川談志 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*