三味線栗毛(錦木検校)~古今亭志ん生・柳家喬太郎



錦木検校 生きるか死ぬか

三味線栗毛~古今亭志ん生

酒井雅楽頭の次男 角三郎

大名 酒井雅楽頭の次男 角三郎は下々のことが好きで殿様とは意見が合わず、大塚の下屋敷に下げられて、五十石という禄で暮らしていました。

いくら物の安い時代とは言え、五十石では生活は苦しく、伴をしてきたご用人の吉兵衛夫婦が内職をして家計を助けていましたが、角三郎は両国広小路や浅草奥山に出掛け、見世物や縄のれんに入って飯を食うなど気ままに暮らしていました。

吉兵衛は、そういうところへ出入りすると御身にもしものことがあってはならず、また、殿様にも聞こえが悪いと苦情を言いながら、若様が肩が凝るとおっしゃっていたので按摩を呼んであると言います。

角三郎と錦木の約束

錦木が角三郎の肩をもみながら、錦木が好きだという落とし噺などを聞いて気に入り、日が暮れたら毎日来るようにと言います。

ある日、錦木が角三郎に酒井雅楽頭様のご親類の方か、ご家中の方と尋ね、角三郎が次男だとは言いあぐねて「家中の者」だと答えますと、錦木は「家中の方は大名になれますか?」と重ねて聞きます。

角三郎が、今の世では家中の者が大名になることはまずない、なぜそのような事を聞くのかと尋ねますと、

自分の師匠が学者の骨組みの講義を聞いて帰ってきて私の骨格を調べ、「お前は侍ならば大名、目が見えないので大名にはなれないが、検校にでもなれる」と言われた。

あなたも私と同じで大名になる骨組だが、ご家中であれば大名にはなれない。学者の言うことも当てになりません。と言います。

角三郎は、もし、俺が大名になったら、お前を検校にしてやる」と約束をします。

錦木の病 角三郎が大名に

それから毎日のように錦木は、角三郎のもとに通って療治のかたわらいろんな話をし、角三郎も錦木をかわいがりますが、ある時、錦木が風邪をこじらせて一月ばかり寝込んでしまいます。

ようやく起き上がれるようになった錦木が、世話になった近所の人達に礼を言いますと、酒井雅楽頭が隠居し、角三郎が家督を継いで大名になったという話を聞きます。

錦木と酒井雅楽頭

錦木は、夢中になって雅楽頭の屋敷に駆けつけます。
門番に追い払われますが、どうしても酒井雅楽頭様にお目通りを願いたいと言い、吉兵衛に取次をしてもらって雅楽頭の前に通されます。

雅楽頭は逢いたかったと言い、約束通り錦木に検校の位を授けて千両を授けます。

三味線栗毛

後日、検校になった錦木が雅楽頭を訪ねた折、栗毛の馬を求め「三味線栗毛」と言う名を付けられたと聞いたが、名馬には名馬の名前というものがある。どうして三味線栗毛というような名をつけられたのかと尋ねます。

「余は酒井雅楽頭。ウタが乗るから三味線だ。コマ(駒)という意味もあるし、乗らぬ時は、引かせる(弾かせる)、止める時はドウ(胴)と言うではないか」

「恐れ入ります。雅楽頭が乗られるから三味線栗毛。しかし、もしご家来が乗りましたら」
「バチがあたるぞ」

覚書

大円朝から、四代目橘家円喬、二代目三遊亭小円朝、戦後には三代目の小円朝、古今亭志ん生、二代目三遊亭円歌と名人に引き継がれてきた噺で、最近では柳家喬太郎、古今亭菊之丞らが高座にかけています。

柳家喬太郎は「錦木検校」の題で、錦木は重い病を押して酒井雅楽頭の屋敷に行き、「検校にしてやる」という言葉を聞いて亡くなってしまう筋にしています。

落とし噺の「三味線栗毛」、人情噺の「錦木検校」。ぜひ聴き比べてみてください。

錦木検校~柳家喬太郎


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, な~の, 古今亭志ん生, 柳家喬太郎 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*