万金丹(鳥屋坊主)~桂歌丸・笑福亭仁鶴・柳家さん喬・立川談志・柳家小さん



ただし白湯にて用うべし

万金丹~桂歌丸【動画】


旅の二人、路銀も尽きて口にするものは水ばかり。もう歩けないというところで古寺を見つけます。

住職は快く二人を迎え、雑炊を振る舞われて食べてみますと赤土と藁の入ったひどいもの。これは食べられないと言いますと住職は「愚僧にも食せん」

翌日、どちらへ行くと聞かれ、江戸をしくじり、上方の友人を訪ねていくところだが友人に会えるかどうか、働き口があるかどうかもわからないと答えますと、住職はあてのない旅ならば、出家をしてここで暮らさないかと誘い、二人はこれを受けます。

酒の一滴も飲めず魚なども食べられない生活。二人は早々に飽きてしまったところへ和尚が京都の本山へ出かけることになり、早くとも帰りは一月後になると言って出かけます。

覚書

上方の旅噺「鳥屋坊主」「鳥屋引導」を明治初期に東京へ移して「万金丹」。
上方では笑福亭系の持ちネタで仁鶴がたまにかけていましたが、とんと聞かれなくなりました。

東の旅の煮売屋や七度狐の引用もありますので最初だけ聞いているとどちらの噺かわかりません。

鳥屋坊主~笑福亭仁鶴【動画】

万金丹~柳家さん喬

万金丹~立川談志

万金丹~柳家小さん

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です