雁風呂~三遊亭圓生・桂米朝・柳家小満ん【動画】



ご存知水戸黄門が雁風呂由来の話を聞き

三遊亭圓生~雁風呂

遠州掛川で昼食をしようと茶屋に入った水戸のご隠居 黄門水戸光圀様。
屏風に描かれた絵を見て土佐派の将監光信の筆と見ますが、松に雁とは・・と首をひねります。

松ならば日の出に松、鶴に松、雁ならば月に雁、青田に雁など対になるものは決まっており、周りに聞きますがわかりません。

そこへ現れた男、これはよいものを見つけたと伴の男に、何かわかるかと語りかけます。
これを聞いていた光圀、男を呼んで絵解きを頼みます。


男は雁風呂と一本松(ひときのまつ)の話をします。

函館の「一木の松」は、飛来した雁(ガン・真鴨)がくわえてきた枝や柴をここに置いておくことで有名でした。

村人は戻る時にまた要るだろうと保管しておき、春になると松の下に出しておき、これを雁がくわえて飛び立っていきます。

しかし、春が過ぎても多くの木や柴が残り、その数だけ帰れない雁がいたかと憐れみ、雁の追善供養のため、旅人や修行者などが訪れると一夜の宿を提供し、その枝や柴で焚いた風呂に入れ、何がしかの金を持たせて発たせる「雁風呂」という風習を生みました。
天然記念物・名勝・旧跡コレクション

男は、この絵はその一本松と雁の置いた枝を書いた「雁風呂」というものであろうと言い、これは半双ものでわかりにくいが、一双ものでは、函館の天守が見え、

秋は来て 春帰りゆく雁(かりがね)の 羽がい休めぬ函館の松

という紀貫之の句が添えてあったように思いますと語ります。

光圀、得心して男に名を訪ね、男は淀屋辰五郎と名乗ります。

淀辰と言えば、一代で財を築き上げ、大坂の淀屋橋を一手で作った人物では、と光圀が問うと、

それは初代の話で私は二代目でございます。華奢に溺れたとの嫌疑をかけられて闕所(けっしょ 財産の没収)の上、京大阪に住まいを許さずということになり、このたびは、柳沢美濃守に貸した三千両の一部でも回収するのが目的で、現在江戸へ下る途中であると言います。

淀屋の闕所は大名に金を貸しすぎ、返せない大名たちが仕組んだこと、というのを光圀は聞き及んでいます。
テレビならばそろそろ印籠の出番です。

桂米朝~雁風呂

奉行役などでは標準語で語る米朝ですが、黄門様はなぜか大阪弁。。
話の組立ては自然でわかりやすいですね。
サゲは「借り金の講釈をしたのじゃ」と圓生とは少し違います。

桂米朝~雁風呂

柳家小満ん~雁風呂

黒澤明(雁風呂)~1974年サントリー角瓶CM


哀れな話だなぁ、日本人って不思議だなぁ・・という黒澤監督の言葉が印象的です。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in か~こ, 三遊亭圓生, 柳家小満ん, 桂米朝 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*