百年目~桂米朝・三遊亭圓生・古今亭志ん生・古今亭志ん朝・桂小南・立川志の輔【動画】



桂米朝~百年目【動画】

米朝が喜寿(七十七歳)を期に大劇場で行う最後の独演会として、東京歌舞伎座で平成二十四年(2012年)に演じた「百年目」です。
まだまだ芸は健在です。もっともっと聴きたい。
至高の噺を楽しんでください。

春、桜は満開。しかし、船場の大店に勤める番頭は、今日も小僧たちに小言を言い、
得意先廻りをすると言って出かけます。

近くでお婆が営む駄菓子屋の二階で立派な衣装に着替えると、幇間や芸者衆の待つ屋形船に乗り込み、桜の名所、桜ノ宮へ向かいます。

三遊亭圓生~百年目【動画】


なんです?そのゲイシャやタイコモチというのは。
ゲイシャというのはどんな車じゃ?、タイコモチというのは煮て食うのか焼いて食うのか?
番頭さんの小言が粋ですね。

舞台は隅田川を向島へ向かいます。

古今亭志ん朝~百年目【動画】

古今亭志ん生~百年目

桂小南~百年目

立川志の輔~百年目

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 桂子南, 桂米朝, 立川志の輔 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*