淀五郎~三遊亭圓生・立川談志・古今亭志ん生【動画】



三遊亭圓生~淀五郎【動画】

『仮名手本忠臣蔵』の塩冶判官の役者が急病で出られなくなり、座頭の市川團蔵は、相中の澤村淀五郎にやってみろと言います。

判官の役は名代がやる役ですので淀五郎は相中から名代に昇格、喜びます。


役者は「稲荷町」「中通り」「相中」「名代」というふうに位が上がります。

場面は家老の大星由良助の帰国を待つ判官、力弥に「由良之助は」と何度も訪ねますが、「いまだ参上仕りません」

九寸五分を腹に突き立てた瞬間、團蔵扮する由良之助が駆け込んできます。

芝居では、
「ヤレ由良之助待ち兼ねたわやい」
「ハア御存生の御尊顔を拝し、身にとって何ほどか」
「オオ我も満足・・定めて仔細聞いたであろ。えぇ無念、口惜しいわやい」
判官は刀を引き回し、最後の力を振り絞り、
「この九寸五分は汝へ形見。我が鬱憤を晴らさせよ」
と言ったあと喉をかき切って事切れます。

由良之助はその刀を主君の形見として押し頂き、無念の涙を流し、きっとこの仇を討つと心に決めます。

というふうになるのですが、淀五郎の下手さに呆れて團蔵は判官のそばへ寄りません。

團蔵に、なぜ判官のそばへ来なかったか尋ねる淀五郎。
「行きたくっても行かれない」
「どこが悪いのでしょうか」
「悪いってのは良いところがあるから悪いって言えるんだ」
「どうしたらよいのでございましょう」
「本当に腹を切れ」
と散々。

二日目も同じ。
淀五郎は團蔵を突き殺して自分も死のうとまで思いつめます。
知り合いにそれとなくお暇をし、初代中村仲蔵のところへも旅に出ると挨拶に。。

仲蔵は「稲荷町」から名代になった名優。五万三千石の大名が切腹する悔しさ、仕草、声の出し方などを教えます。淀五郎は一睡もせず演技に磨きをかけていきます。

そして三日目。鬼気迫る淀五郎の演技に團蔵も期待をしながら四段目を迎えます。

覚書

下げは團蔵がやっと近くへ来てくれた感動を込め、
「由良之助か あぁ・・待ち兼ねた」と、芝居の台詞と淀五郎の気持ちをかけたもので、芝居好きにニヤリとさせるものとなっています。

『仮名手本忠臣蔵』は、赤穂四十七士をいろは四十七文字になぞらえて「仮名手本」、「忠臣大石内蔵助」から「忠臣蔵」としたもので、寛延元年(1748年)に人形浄瑠璃として書かれました。

実際の赤穂浪士の事件は元禄14年から15年(1701~1702年)で、約50年後となりますが、徳川家に遠慮して藩の名前も架空のものとし、役も浅野内匠頭を塩冶判官、家老の大石内蔵助は大星由良助、大石主税は力也という名前で演じられます。
さて四段目、「来世の忠義」では塩冶判官の切腹。

奏者番 一関藩初代藩主の田村右京大夫建顕が芝愛宕下の屋敷(新橋駅烏森口から虎ノ門方面に10分ほど歩いた日比谷通りの歩道の上に大き目な石碑が残っています)

立川談志~淀五郎


舞台は仮名手本忠臣蔵が作られた大坂に移され、仲蔵ではなく音羽屋(尾上菊五郎)、淀五郎は嵐谷之助という名前になっています。
談志の若い頃のものでしょう、下げも「おい、音羽屋に聞いたろう」となっていて趣が違いますがすばらしい仕上がりです。

古今亭志ん生~淀五郎


こちらも正統派。仲蔵がよいですね。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in や~ん, 三遊亭圓生, 古今亭志ん生, 立川談志 and tagged , , . Bookmark the permalink.

関連演目 "淀五郎~三遊亭圓生・立川談志・古今亭志ん生【動画】"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*