山岡角兵衛(角兵衛の娘)~三遊亭圓歌



角兵衛の遺志を継いで吉良邸へ

山岡角兵衛(角兵衛の娘)~三遊亭圓歌

赤穂の浪士の山岡角兵衛が病床につき、今際の際に娘のお縫を呼んでどうか自分の遺志を継いで主君の仇討ちをしてほしいと頼みます。

お縫は吉良上野介に妾奉公に入り、屋敷の絵図面を作り上げ、毎日の動静も報告します。

上野介が出羽へ行くと聞いたお縫は、早速大石内蔵助に知らせ、大石は吉良が在宅している最後の機会にと元禄十五年十二月十四日、討ち入りをかけることを決定します。

吉良屋敷の長屋で寝ていた山鹿流の達人 美濃部五左衛門が気配に気づいて屋敷に向かい、武林唯七にぶつかり合言葉を「一六」とかけられます。

五左衛門は賽の目と思ったが「四五一、三二六」と返事をしてしまい、立会となります。

そこへお縫が薙刀を持って駆けつけて五左衛門に斬りかかりますが、逆に斬り立てられ、縁側から足をすべらせて落ちたと見えるやお縫は宙返りをして庭に立ち、横に払った薙刀で五左衛門の足を払って仕留めます。

覚書

別題『山岡角兵衛』『志士の打入り』。

講談をもとにした噺で、原本ではお縫いは角兵衛の妻とされていますが、圓歌は娘にして『角兵衛の娘』の題でかけていました。

角兵衛獅子がわからないとサゲがわからず、圓歌と三代目の三遊亭小園朝以降は演り手がありません。

映画「鞍馬天狗」で美空ひばりの歌った「角兵衛獅子」(西条八十作詞、万城目正作曲)が大ヒットしたのは昭和26年(1951年)。

五穀豊穣を願って子供達を踊らせた越後獅子が、大道芸として江戸に来て親方の名前をとって角兵衛獅子となります。

貧しい家の子供を買い取り、体をやわらかくするために酢を飲ませたり棍棒で叩くなど厳しい稽古をしたことから、明治の頃には児童虐待とされて衰退していきましたが、新潟の郷土芸能として今に伝わります。

越後獅子(角兵衛獅子)奉納演技

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in や~ん, 三遊亭円歌(二代目) and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*