寝床~桂枝雀・立川談志・志ん生・志ん朝他【動画】



桂枝雀~寝床

下手な義太夫に凝っている商家の旦那。今夜もみんなに聞いてもらおうと長屋の連中を呼び集めますが、店子たちはさまざに事情を作って誰も聞きに来ません。

店の者も仮病を使って誰ひとり出てこず、怒った旦那は長屋の者は店立て、店の者はクビだと言ってふて寝してしまいます。

困った店の者がもう一度長屋を回り、皆しぶしぶ聴きに来ることに・・。

<覚書>
安楽庵策伝の笑話集「醒睡笑」(元和9年(1623年))に原型が見られる話で、
堺にいた平家琵琶を弾く金城という男が正月の初詣会のご祝儀に一曲語っている間に誰もいなくなってしまったという話でした。

これを江戸中期に流行った義太夫に変えたものが出てきます。
「室の梅」(寛政元年 1789年)の中の「義太夫」によると、ある隠居が義太夫の会を催し大変に下手なので皆帰ってしまいますが、一人だけ残っている。
「あなただけは義太夫が好きと見える。私も張り合いがあります」と隠居が言うと、
「お前さんに扇子を貸したから」というオチ。

上方で「寝床浄瑠璃」として語られていたのを三代目蝶花楼馬楽が東京へ移して「寝床義太夫」「素人義太夫」などの題で演じたのが現在の「寝床」として定着しました。

枝雀は「素人浄瑠璃」の題でサゲをつけずに大混乱のまま終わる演じ方をして、桂南光、雀三郎などが引き継いでいます。

立川談志~寝床

古今亭志ん生~寝床

古今亭志ん朝~寝床

三遊亭圓生~寝床

三遊亭金馬~寝床


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in な~の, 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 桂枝雀, 桂雀三郎, 立川談志 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*