へっつい幽霊(かまど幽霊)~圓生・松鶴・志ん生・志ん朝・談志・志の輔・ざこば・小さん



幽霊の卵が出た!

へっつい幽霊~三遊亭圓生

ある道具屋。客がへっつい(かまど)を二分二朱で買っていきます。

その夜の八つ(午前二時)をまわった頃、道具屋の戸を叩く音がする。開けると昼間へっついを買った客が「買ったへっついを引き取ってくれ」と言います。

道具屋は、引取は三割くらいご損がいきますがと説明をして、翌朝引取りをします。

次の日、また他の男がこのへっついを買って届けます。また八つを過ぎた時分に戸を叩く音。へっついを引き取ってくれと昨日と同じ。

また次の日になると売れる、また戻ってくると繰り返しで一月ほどが経った頃、上方者がこのへっついを買い、例のように八つ過ぎに道具屋に来ます。

さすがにおかしいと店主が、事情を話してくれたら元値で引き取ると言いますと、男は、へっついの角から青白い火が出て、煙のように痩せた青白い男の幽霊が出て「金出せ、金出せ」と言うのだと話します。

明日の朝まで待てないというのをなだめて翌朝引き取りますが、そのうち化物道具屋、幽霊道具屋という噂がたち、物が売れなくなります。

夫婦が三両くらいつけて誰か貰ってくれる人を探そうと相談しておりますと、それを裏の長屋に住んでいる熊五郎が耳にして、本町の生薬屋で勘当になった若旦那 徳と一緒にへっついと三両を貰い受けます。

二人でへっついに縄をかけ、かついで路地へ入って来ましたが、若旦那は腰が定まらず石の上に乗ってつんのめり、へっついを落としてしまいますと、へっついの角が取れて白くて丸い包みが若旦那の足元に転げ出ます。

若旦那が「幽霊の卵が出た」と怯えるのを抑えて、へっついを若旦那の家に放り込んで二人で熊の部屋へ。

熊がさっきの包みを開けると中身は三百両の大金。若旦那と二人で分けて若旦那は吉原へ、熊は博打へ行き、二人とも一銭も無くして帰ってきます。

その晩。若旦那の土間のへっついから幽霊が出て「金返せ、金返せ」。若旦那びっくりして熊の家へ飛び込みます。

翌日、熊は若旦那を自分の家へ寝かせ、自分は若旦那の部屋で夕方から酒を呑みながら「幽霊出てこい」と待っています。

覚書

上方の「竈幽霊」(かまどゆうれい)を三代目円馬が明治の末に東京に移して「へっつい幽霊」。

志ん生、圓生、三木助などがよく高座にかけ、上方でも「へっつい幽霊」の題で演られるようになりました。

へっつい幽霊~笑福亭松鶴

へっつい幽霊~古今亭志ん生

へっつい幽霊~古今亭志ん朝

へっつい幽霊~立川談志

へっつい幽霊~立川志の輔

へっつい幽霊~桂ざこば

へっつい幽霊~柳家小さん

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 柳家小さん(五代目), 桂ざこば, 立川志の輔, 立川談志, 笑福亭松鶴 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*