カテゴリー: や~ん

高津の富(宿屋の富)~桂米朝・桂枝雀・古今亭志ん朝・立川談志他【動画】

桂米朝~高津の富 男が、船場大川町の宿屋に泊まります。 金が有り余って困っている、千両箱を漬物石替わりに使っているなどと言います。 宿屋の主人も信じこみ、あまりお客様にお泊りいただけないので、いろんなことをやっております、 高津神社の富が一...

天神山(安兵衛狐)~桂枝雀・古今亭志ん生・桂雀松・林家染二・桂文枝【動画】

花見ならぬ墓見で幽霊が嫁に。これを聞いた隣の安兵衛 桂枝雀~天神山【動画】 春、桜満開の中、行きかう人々も華やいでいます。 変わり者の源さん、「変ちきの源さん」と呼ばれ、花見ではなく「墓見」に行くと、おまるの弁当、尿瓶の水筒を持って一心寺の...

田楽食い(ん廻し)~桂米朝・桂小南・三遊亭百生・三笑亭夢之助・桂雀々【動画】

てんてんてんまのてんじんさんで六本もらおか 桂米朝~田楽食い 「寄合酒」と「田楽食い(ん廻し」は、江戸期の終わりまでは別々の噺として演じられ(文久元年に松光という噺家の手控え記録があります)、その後繋がって明治から昭和初期にかけては「寄合酒...

姫はじめ(宿屋かか)~三遊亭円歌・露の五郎兵衛

姫はじめ~三遊亭円歌 東海道袋井あたりの話。 正月の2日。ある宿屋で主人夫婦が、今日は年中行事の姫はじめの晩だ。と話しています。 古女房もこの日ばかりはうきうきとしています。 もう行灯を消そうか(店仕舞)とした頃、垢抜けのした女が泊めてくれ...

やかん(無学者)~立川談志・三遊亭金馬・桂文治・三遊亭圓生【動画】

やかん~立川談志【動画】 この世に知らないものはないというご隠居と、いつもお前は愚か者だ愚者だ愚者と言われている八五郎。 じゃあご隠居はなんでも知ってるんですねと言って、さまざまなものの由来を尋ねます。 「一番大きな動物は」「象だ」「象より...

弥次郎(鉄砲村・嘘つき村)~三遊亭圓生・桂枝雀・立川談志他【動画】

三遊亭圓生~弥次郎 ご隠居のもとに弥次郎が訪ねてきて、武者修行をしてきましたと言います。 また嘘八百だろうと思いながらご隠居さん、まぁ話してみろと言いますと、まず北海道では寒いからお茶はすぐ凍りついて皆お茶をかじっている、「おはよう」の挨拶...

宿替え(粗忽の釘)~桂枝雀・滝川鯉昇・柳家小さん・春風亭柳朝・柳家小三治【動画】

こちらは向かいですので隣へ行きなさい 宿替え~桂枝雀【動画】 引っ越し最中の家。箪笥や畳などの大きな家財は運び出しが終わり、亭主があとは俺が一人で持っていくと大きな風呂敷を広げ、大きなものから順に積んでいきます。 櫓炬燵、米びつ代わりの木箱、継ぎぎれのボテ、漬物の重し、お婆さんの使っていたオマルに稲荷さんの道具と金神さ

宿屋仇(宿屋の仇討・庚申待)~桂米朝・立川志の輔・古今亭志ん生他【動画】

旅の宿 騒々しい隣の部屋の男たちに 桂米朝~宿屋仇 上方噺独特の「旅ネタ」で、これができればトリが務まると言われる真打噺です。 東京では古くから「庚申待ち(こうしんまち)」という題で演じられてきました。 大坂日本橋の宿屋紀州屋源助に来た萬事...

柳田格之進(柳田の堪忍袋)~立川志の輔・古今亭志ん生・志ん朝【動画】

立川志の輔~柳田格之進 両替商越前屋の当主、作左衛門とこの店の近くの裏長屋に娘と住む浪人の柳田格之進。 格之進と作左衛門とは碁仇で、毎日のように越前屋の離れで碁を囲んでいます。 夏のある日、碁に夢中の作左衛門のところに番頭の久兵衛が百両の金...

藪入り~三遊亭金馬・柳家小三治・古今亭今輔・三遊亭好楽・三遊亭圓楽【動画】

「見てえんだけど目が開かねぇんだ・・。開けると涙がこぼれちまうんだよォ」 三遊亭金馬(三代目)~ 藪入り【動画】 昔の奉公というのは、ほんの十歳くらいの頃に商家などに入り、食事や寝泊りをしながら仕事を憶えていき、手代、番頭となり、暖簾分けを...

山崎屋(よかちょろ)~立川志の輔・三遊亭圓生・林家正蔵・立川談志・三遊亭金馬【動画】

立川志の輔~山崎屋 日本橋横山町の鼈甲問屋で、旦那が番頭と話をしています。 遊び人の若旦那、徳三郎に三百円の集金を頼んだところ、ここ三日ほど帰ってこない。 「お前が若旦那にお任せしてはどうですか、なんて言うから任せてみればこの通りだ。また吉...

夢の酒~桂文楽・柳家さん喬・入船亭扇辰【動画】

お前が怒らないと言うなら話すけど 夢の酒~桂文楽【動画】梅雨のある日。大黒屋の若旦那 徳三郎が店の奥で寝ています。 若女将のお花が風邪をひくからと徳三郎を起こします。 徳三郎「今日はたいへんにご馳走になりました」と言いながら起きます。 お花と気付いて、せっかくいいところだったのにと言いますと、お花はおもしろそうな夢

夢八~笑福亭松鶴・露の五郎・桂小南・桂雀々・三遊亭百生

夢八~笑福亭松鶴 ご隠居の甚兵衛のもとに「寝てて食える仕事はないか」と来た夢八。 よくしゃべるから幇間持ちはどうだと甚兵衛が言うと、あれは懲りた。寒くて太鼓のバチが持てないと夜番(夜回り)と勘違いして夜番の難しさを滔々と語ります。 ひととお...

湯屋番~柳家小さん・三遊亭圓生・三遊亭金馬・三遊亭圓遊・柳家小三治・柳家三三他【動画】

柳家小さん~湯屋番【動画】 遊びが過ぎて勘当された若旦那。金もなくなり出入りの大工熊五郎の家に居候をしています。 出店迷惑様づけの居候、日がな一日何をするでもなくぶらぶらと暮らしていますが、 熊五郎に、お前のかみさんはメシもろくに食べさせて...

吉原綺談(芳原奇談雨夜鐘)~古今亭志ん生

お仲無残 吉原綺談(上・中・下)芳原奇談雨夜鐘より~古今亭志ん生 お仲の境遇 下谷長者町の八文湯から出てきたお仲。歳は十七で大変な美人。 その後ろ姿を見送っていたヤクザの権次。いい女だ。あんないい女を磨いていい成りをさせればたまらないとお仲...

四段目(蔵丁稚)~古今亭志ん朝・桂米朝・三遊亭圓歌・桂枝雀【動画】

御前! 待ちかねたぁ~ 四段目~古今亭志ん朝 あるお店の小僧、定吉。 芝居好きで、何かの用事を言いつけられるとその帰りに芝居を観てなかなか帰らない。 今日も使いに出たきりです。 ようやく定吉が帰ってくると旦那が待ち構えていて小言を言います。

与太郎戦記~春風亭柳昇

笑いの中の壮絶な戦史 与太郎戦記~春風亭柳昇 戦時中の上海。 部下十五人を率いて貨物船に兵士を乗せ、香港までの警護を命じられた陸軍の秋本伍長は、役に立たない機関銃三丁と花火のような仕掛けの秘密兵器を持って小さくて汚い石炭船に乗り込み、右も左...

弱法師・菜刀息子(ながたんむすこ)~桂吉朝

弱法師(よろぼし)~桂吉朝 再生できない方はこちら(dailymotion) 桂吉朝の最後の口演です。 ある商家の息子、旦那から厳しく叱られるところから始まります。 包丁屋に断ち包丁を誂えるよう、息子に注文をさせたのですが、 出来上がってき...

らくだ~桂米朝・笑福亭松鶴・桂ざこば・立川志の輔他【動画】

屍人にカンカンノウを踊らせると言え! 桂米朝~らくだ 大男でノラクラと暮らし、乱暴者で皆から嫌われて「らくだ」と呼ばれている男。 長屋に兄貴分の熊五郎が訪ねてきて、らくだがフグを食べて死んでいるのを見つけます。 通りががった紙屑屋に家財を買...