茶漬えんま~桂枝雀





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治・大正・昭和・平成・令和の数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



茶漬えんま~桂枝雀

閻魔大王が家で茶漬を食べていると、娑婆から来た亡者の留さんが訪ねて来ます。

キリストの所の寄り合いで、たいそう肉を食わされて、帰りに釈迦のところで悪い肉を使ったカレーを出されて、今日あっさりと茶漬けを食べて口直しをしているとのこと。

閻魔の庁へ行くという閻魔に同行する留さん。
道々、閻魔の庁のことを聞くと、今は裁きなどせず申告制で極楽か地獄かを自分で申告するのだと言う。

申告が通って天国に行くことになった留さんですが、地獄で幇間が踊っているのを見て釣られて踊り、足を踏み外して地獄へ落ちてしまいます。
助けに入った釈迦、キリストですが・・・

覚書

枝雀が書き下ろした噺で、小佐田定雄に改作を依頼して仕上げた新作落語です。

「緊張と緩和」を落語のテーマとして持っていた枝雀らしく、表題にも閻魔(緊張)と茶漬け(緩和)が盛り込まれていますね。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ