タグ: 悋気

悋気(嫉妬)が題材の落語を古今東西の名人で聴き比べ。
悋気は女の慎むところ疝気は男の苦しむところ。「悋気の火の玉」「ひとつ穴」「悋気の独楽」悋気をしないことで右往左往する「権助提灯」などたっぷり

喜撰小僧~春風亭柳枝

喜撰小僧(きせんこぞう)~春風亭柳枝 丁稚の定吉が、おかみさんに呼ばれて旦那の後をつけていくようにと命じます。 定吉が後をつけていきますが旦那に見つかり、旦那は仕方がないと定吉を連れて妾の家に入っていきます。

権助魚~古今亭菊之丞・古今亭右朝・柳亭芝楽・春風亭昇太

網取り魚っちゅうのはあるかね 権助魚~古今亭菊之丞【動画】 旦那が妾を囲っているらしいと疑う女房。 飯炊きの権助を呼んであれこれと聞き出しますが権助はいつも途中ではぐれてしまって知らないと言います。 女房は今度旦那が出かける時に妾の家を突き...

洒落小町(口合小町)~三遊亭圓生・桂米朝・立川談志

ありゃあ 命を削るカンナだね 洒落小町~三遊亭圓生 近所でガチャガチャのお松とあだ名のついている騒がしい女房がご隠居のところへやって参ります。 亭主が近頃穴っぱいり(浮気)をして帰って来ない、あの野郎には愛想もこそも尽き果てた、タヌキ野郎、モグラ野郎と言いたい放題。 隠居が、別れるという腹で相談に来たのかと聞きますと、

一つ穴~三遊亭圓生

悋気は女の慎むところ疝気は男の苦しむところ ひとつ穴~三遊亭圓生 旦那に女ができたという噂を聞いた女房、飯炊きの権助に旦那の伴をして様子をさぐるように言いつけます。 権助は途中ではぐれたふりをして、旦那の後をつけていきます。 旦那が向かった...

夢の酒~桂文楽・柳家さん喬・入船亭扇辰【動画】

お前が怒らないと言うなら話すけど 夢の酒~桂文楽【動画】梅雨のある日。大黒屋の若旦那 徳三郎が店の奥で寝ています。 若女将のお花が風邪をひくからと徳三郎を起こします。 徳三郎「今日はたいへんにご馳走になりました」と言いながら起きます。 お花と気付いて、せっかくいいところだったのにと言いますと、お花はおもしろそうな夢

悋気の独楽~桂文枝・桂文珍・入船亭扇辰・桂小南

甘きもの食べさす者に油断すな すぐにあと腹痛むものなり 悋気の独楽~桂文枝 あるお店の主人、たびたび家に帰ってきません。 ごりょんさん(御寮さん・主人の妻)は妾を囲っているのではと奉公人たちに聞いて回りますが要領を得ません。 旦那は妾の家で...

悋気の火の玉~桂文楽・三遊亭小遊三・三遊亭円楽【動画】

悋気の火の玉~桂文楽【動画】 ある商家の若旦那。親戚のすすめで嫁をもらいます。 たいへんによくできた嫁で、若旦那は外へ出かけても用事が終わるとまっすぐに家に帰ってきます。 ある日、悪友に連れられて行った吉原で、家とは違った楽しさに惹かれ、自...