カテゴリー: 笑福亭仁鶴

向う付け(三人無筆)~笑福亭仁鶴

帳場を任された無筆の男三人は・・ 向う付け~笑福亭仁鶴 お世話になったご隠居が亡くなり、お通夜に行った男。 明日の葬式に帳場を頼まれますが、この男、字の読み書きができません。 帳場にはあと二人男がおり、よかったと安心したもののこの二人も無筆...

代脈~古今亭志ん朝・三遊亭圓生・春風亭一之輔・笑福亭仁鶴・桃月庵白酒・桂鯛蔵

与太郎医者 伊勢屋のお嬢さまを診る 代脈~古今亭志ん朝 江戸中橋で名医と知られた古法家(漢方医)尾台良玄。 この良玄の弟子で銀南という者がおりまして、子供の頃は目から鼻へ抜けるような利口者だったのが、十五、六の頃から食と色に狂って他の事は愚...

次の御用日~桂米朝・枝雀・笑福亭松鶴・仁鶴【動画】

娘いと頭(こうべ)の上にて『あ』と申した。とあるが、奉行何のことやら相分からん 桂米朝~次の御用日 船場の大店、堅気屋佐兵衛の娘「いと」が、小僧の常吉をお供に縫い物屋まで出かけます。 向こうから佐兵衛の長屋に住む天王寺屋藤吉と言う男が、フン...

人形買い~笑福亭松鶴・三遊亭圓生・桂三木助・笑福亭仁鶴

人形買い~笑福亭松鶴 祓い給えの先生が、子供の初節句だと長屋の連中にちまきを配ります。 柏餅くらいならお祝いは普段のツナギの四十八文でいいだろうが、向こうも気張ってチマキを撒いているから倍の百文としよう、 長屋は二十四軒あり、一軒に百文ずつ...

初天神~柳家小三治・笑福亭仁鶴・柳家さん喬他

初天神~柳家小三治 新しい羽織を誂えて誰かに見せたい熊五郎。女房に、今日は初天神だから羽織を出せと言います。 女房は、息子の金坊を連れて行ってくれと頼みます。 熊五郎は、あいつはこれ買ってくれあれ買ってくれとうるさいので嫌だと言いますが、ち...

不動坊~桂米朝・柳家小さん・春風亭一之輔・桂枝雀他

遊芸稼ぎ人でおます 不動坊~桂米朝 長屋に住む利吉に大家さんが訪ねてきて、お前さんは手まめによく働き、貯めた金を低利で貸して助かっている者も多いと聞く。しかし人間金ができたらそれでいいというものでもない、女房をもらう気がないかと聞きます。 ...

万金丹(鳥屋坊主)~桂歌丸・笑福亭仁鶴・柳家さん喬・立川談志・柳家小さん

ただし白湯にて用うべし 万金丹~桂歌丸【動画】 旅の二人、路銀も尽きて口にするものは水ばかり。もう歩けないというところで古寺を見つけます。 住職は快く二人を迎え、雑炊を振る舞われて食べてみますと赤土と藁の入ったひどいもの。これは食べられない...