夢金~古今亭志ん朝・立川談志・三遊亭圓生



夢金~古今亭志ん朝

雪の夜。浅草の船宿の二階で、「百両欲し~い、百五十両でもいい~」と言う大きな寝言が聞こえてきます。
寝言でも金が欲しいと言うこの船頭熊蔵に、船宿の主人も閉口しています。

そこへ表の戸を叩く音。強盗かと思いきや浪人風の男と上品な若い女。
「妹と二人で浅草に芝居見物をしてこの雪に遭ってしまった。深川まで船を頼みたい」と言います。

船はあるのですが船頭が出払っておりまして、と主人が断りを入れますが、そこへまた二階から「百両欲し~い」の寝言。

あれは何だと問う侍に、船頭ではございますが強欲な男でよく知った客にしかお供をさせないのだ言って再度断ったものの、酒代は十分にはずむという話を聞いて熊蔵、十分な手当と酒手をねだりながら引き受けます。

船が出ましてしばらく経ちますと侍が、船を止めろお前に話がある。
「あれは妹ではない。花川戸で癪に苦しんでいるところを助け、懐に手を入れたところ二百両ある。殺して金を取る」と言い出します。

覚書

強欲は無欲に似たり、夢金の一席でございます。
誰もが持っている「欲」をあからさまに表現している落語です。
殺しの共謀を持ちかけられた熊蔵。あたしゃ欲張りって言っても、ただ金が欲しいだけなんで人を殺してまでは・・と言いながら二両は安いと怒り出します。

サゲは、、やめときましょう。

夢金~立川談志

夢金~三遊亭圓生

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です