五人廻し~圓生・志ん生・志ん朝・談志・正蔵・さん喬他【動画】





NEW!!お笑い・漫才芸人列伝
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治から戦前のお笑いを支えた漫才、音曲の数々、70年代の演芸ブーム、80年代の漫才ブームから現在に至る数々の芸人を、映像と音声で紹介します。

明治・大正・昭和初期(エンタツ・アチャコ、ミスワカナ・玉松一郎、砂川捨丸・中村春代他)
昭和中期~後期(いとし・こいし、ダイマル・ラケット、やすし・きよし他 追加中)
平成~令和(鋭意準備中!)


林家正蔵(彦六)~五人廻し【動画】

明治初めの吉原。売れっ子の花魁喜瀬川を待っていますが夜が更けても一向に現れない。

寝ずの番の若い衆(牛・ぎゅう)が、男の部屋に入ります。
一人目は江戸っ子。こちとら三つの時から吉原に通ってんだ、ぐずぐすしてると塩かけて頭から齧っちゃうぞと怒られます。

二人目は役人。「小遣!給仕!」と呼ばれ、取り調べのように文句を並べ、相手が来ないのに揚げ代は払えない、法律違反だと詰め寄ります。

三人目は馴染みの田舎客。「若けえ衆さん。ちょっくらコケェコ!」こちらも苦情を並べて揚げ代を返せと言います。

四人目は「ちょいと廊下ご通行のキミ」と呼ばれて行くと通人らしき男。イライラするので肌を出せ、火箸で焼いてやると言い出します。

ようやくお大尽の部屋にいる喜瀬川を見つけ、他にも廻ってほしいと頼みますが聞きません。
お大尽が気を使って、他の四人に一円ずつ出すから帰ってもらうようにと言います。。

覚書

江戸の遊郭では、一人の花魁が一晩に複数の客をとり、順番に部屋を廻るのが普通で、「廻し」といいました。

明治期の名人、初代柳家小せんが完成させたと言われ、歌舞伎『高賀十種』の『百人町浮名読売』にも取り入れられています。

ぎゅう、牛太郎と言われていた若い衆は、正式には「妓夫太郎」と言い、客引きの他、夜にはやり手婆と変わって客の用を聞いたり苦情を処理していました。

志ん生、圓生などは実際にこの頃の吉原を知っていますから、本題よりマクラのほうが興味深い感もあります。

古今亭志ん生~五人廻し

三遊亭圓生~五人廻し


圓生のものでは、部屋でバタバタと音が聞こえるので入ってみると畳を上げて花魁を探している、今から天井裏を探すと言う男を加えて五人としています。

古今亭志ん朝~五人廻し

立川談志~五人廻し

五街道雲助~五人廻し

古今亭右朝~五人廻し


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください