カテゴリー: 立川談春

九州吹き戻し~立川談志・立川談春

嵐の海に戻されて 九州吹き戻し~立川談志 遊びが過ぎて勘当になった若旦那 喜之助。 筆もたつし三味線もできる。幇間の真似事などをしていましたが不義理も増えて江戸にいられなくなる。西へ西へと流れて肥後の国、細川越中守の御城下に着いた頃には一文無し。

紺屋高尾~立川談春・三遊亭圓生・立川志の輔・立川談志・国本武春(浪曲)・柳家花緑・三遊亭栄馬・桂歌丸・桂文朝・三遊亭圓楽【動画】

「傾城(けいせい)に誠なしとは誰(た)が言うた」紺屋高尾の一席でございます。 立川談春~紺屋高尾【動画】 神田の紺屋染物職人の久蔵。十一歳の時から奉公し、二十六となった今でも真面目一方で働いてきましたが、ここ三日ほど寝込んで床が上がりません...