山号寺号~立川談志・春風亭柳枝・柳亭市馬



うまい! 座布団一枚!

山号寺号~立川談志

幇間の一八、若旦那を見つけて「柳橋のあの子が、」と話し出しますと、若旦那は一人じゃないんだと一八を押さえて、浅草の観音様へお参りに行く途中だと話します。

一八「金龍山浅草寺ですか」と答え、お寺には「なになに山なになに寺」という正しい呼び名があります。金龍山浅草寺、成田山新勝寺、東叡山寛永寺、一縁山妙法寺。山号に寺号を合わせた『山号寺号』というのが、どこにでもありますと言います。

それを聞いた若旦那。「どんなところにも山号寺号があるんだな。ここにもあるか。ひとつ見つけたら一円のご祝儀、なければクビだ」と一八に迫ります。

俥屋さん広小路
おかみさん拭き掃除
乳母さん子が大事
床屋さん耳掃除
魚屋さんムロアジ
蕎麦屋さん卵とじ
時計屋さん今何時
とどんどん出して一円ずつとっていきます。

覚書

大喜利のお題として出されることもある噺で、10分ほどの非常に短いですが演者によって言葉遊びが微妙に違うのも聞き所です。

山号寺号~春風亭柳枝

山号寺号~柳亭市馬

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください