タグ: 豆腐の落語

甲府い~古今亭志ん朝・柳家小三治・三笑亭可楽・春風亭小柳枝

縁は異なもの味なもの とうふごまいりがんもどき 甲府い~古今亭志ん朝 豆腐屋の店先で卯の花を盗み食いした男を、店の若い者が殴っています。 出てきた主人が店の者を諌め、男に事情を聞ますと、 私は善吉と申しまして、早くに両親を亡くし叔父夫婦に育...

ちりとてちん(酢豆腐)~柳家小さん・古今亭志ん朝他【動画】

柳家小さん~ちりとてちん【動画】 旦那のところに近所に住む男が訪ねて来ます。 今日は旦那の誕生日というので、酒は白菊、鯛の刺身、茶碗蒸しなどを出され、いちいち「初めて食べる」と喜んで食べ、旦那も上機嫌。 お前はなんでも喜んでくれるが、竹の奴...

田楽食い(ん廻し)~桂米朝・桂小南・三遊亭百生・三笑亭夢之助・桂雀々【動画】

てんてんてんまのてんじんさんで六本もらおか 桂米朝~田楽食い 「寄合酒」と「田楽食い(ん廻し」は、江戸期の終わりまでは別々の噺として演じられ(文久元年に松光という噺家の手控え記録があります)、その後繋がって明治から昭和初期にかけては「寄合酒...