タグ: 冬の落語

羽衣の松~古今亭志ん生

羽衣を我に返したまえ 羽衣の松~古今亭志ん生 美人の総取締りが天人。本当の美人だそうですが、この天人が東海道の三保と言う所へ降りた事がある。 あまりに眺めが良いので少し休んでいこうと、着ていた羽衣を脇の松へ掛けます。 その松を「羽衣の松」と...

橋場の雪~柳家三三【動画】

「あなた、あなた」 橋場の雪~柳家三三 ある商家の若旦那のところへ幇間の一八が来て、向島の料亭で瀬川花魁が待っていると言います。 女房のお花に気づかれないよう家を抜け出して、瀬川のことを考えながら歩いているうちに吾妻橋を通り過ぎ、橋場の渡しのあたりまで来てしまいます。 ちょうど船が出る所で呼び止めましたが船は行ってしま

八五郎出世(妾馬)~立川志の輔・柳家さん喬・三遊亭圓生・古今亭志ん生・古今亭志ん朝・三遊亭金馬・三笑亭可楽

何にもいらない、おふくろに一回だけ孫を抱かせてやってくれませんか 新・八五郎出世~立川志の輔 大家が八五郎を呼び、大名・赤井御門守様の側室に上がったお前の妹のお鶴がお世継ぎを産んだ。ついては八五郎にも褒美をくださるのでお屋敷に行くようにと言...

初天神~柳家小三治・笑福亭仁鶴・柳家さん喬・桂文我他

初天神~柳家小三治 新しい羽織を誂えて誰かに見せたい熊五郎。女房に、今日は初天神だから羽織を出せと言います。 女房は、息子の金坊を連れて行ってくれと頼みます。 熊五郎は、あいつはこれ買ってくれあれ買ってくれとうるさいので嫌だと言いますが、ち...

姫はじめ(宿屋かか)~三遊亭円歌・露の五郎兵衛

姫はじめ~三遊亭円歌 東海道袋井あたりの話。 正月の2日。ある宿屋で主人夫婦が、今日は年中行事の姫はじめの晩だ。と話しています。 古女房もこの日ばかりはうきうきとしています。 もう行灯を消そうか(店仕舞)とした頃、垢抜けのした女が泊めてくれ...

文七元結~古今亭志ん朝・桂ざこば・三遊亭圓生・古今亭志ん生・立川談志・金原亭馬生・柳屋さん喬・柳屋権太郎・柳屋小三治【動画】

文七元結 古今亭志ん朝【動画】 江戸、本所達磨横町の左官長兵衛。 左官としての腕は一流ですが、博打好きが高じて半年以上仕事もせずに借金を抱えています。 ある日、博打で大負けした長兵衛が身ぐるみ剥がれ、賭場の印半纏を羽織っただけで家に帰ってく...