タグ: 人情噺

八五郎出世(妾馬)~立川志の輔・柳家さん喬・三遊亭圓生・古今亭志ん生・古今亭志ん朝・三遊亭金馬・三笑亭可楽

何にもいらない、おふくろに一回だけ孫を抱かせてやってくれませんか 新・八五郎出世~立川志の輔 大家が八五郎を呼び、大名・赤井御門守様の側室に上がったお前の妹のお鶴がお世継ぎを産んだ。ついては八五郎にも褒美をくださるのでお屋敷に行くようにと言...

浜野矩随~立川志の輔・古今亭志ん朝・三遊亭圓楽【動画】

立川志の輔~浜野矩随 浜野矩安(のりやす)という腰元彫りの名人、女房とまだ二十五の息子矩随(のりゆき)を残して早世します。 後を継いだ矩随ですが、腕は並以下。取引してくれるところもありません。 先代に世話になったからと、矩随が拙い細工を持っ...

百年目~桂米朝・三遊亭圓生・古今亭志ん生・古今亭志ん朝・立川志の輔【動画】

桂米朝~百年目【動画】 米朝が喜寿(七十七歳)を期に大劇場で行う最後の独演会として、東京歌舞伎座で平成二十四年(2012年)に演じた「百年目」です。 まだまだ芸は健在です。もっともっと聴きたい。 至高の噺を楽しんでください。 春、桜は満開。...

福禄寿~三遊亭圓生

圓生最後のネタ下ろし 福禄寿~三遊亭圓生 福徳屋万右衛門の福徳 深川万年町の福徳屋万右衛門。本名は福田と言いますがあの人は福徳が備わっている、福徳屋だとこれが店の名前となります。 子供が十八人、そのうち万右衛門の妾の子五人を養子として育てて...

札所の霊験~三遊亭圓生

女のために人を殺めて 札所の霊験~三遊亭圓生 水司又市(みずしまたいち) 越後高田榊原藩の水司又市は、十二歳の時に両親に死に別れ、お国詰で文武の修行を十分にして、二十八の時、江戸詰を仰せ付けられました。 お国では鬼組と申しまして、お役は下等...

船徳(お初徳兵衛浮名桟橋)桂文楽・志ん生・小さん・志ん朝他【動画】

桂文楽(八代目)~船徳【動画】 遊びが過ぎて勘当になった若旦那 徳三郎。船宿の二階で居候をしていましたが、居心地が悪く、船頭になると言い出します。 念願叶って船頭になった徳三郎、四万六千日様で浅草寺詣りのお客を乗せます。 漕ぎ出して大川(隅...

文七元結~古今亭志ん朝・桂ざこば・三遊亭圓生・古今亭志ん生・立川談志・金原亭馬生・柳屋さん喬・柳屋権太郎・柳屋小三治【動画】

文七元結 古今亭志ん朝【動画】 江戸、本所達磨横町の左官長兵衛。 左官としての腕は一流ですが、博打好きが高じて半年以上仕事もせずに借金を抱えています。 ある日、博打で大負けした長兵衛が身ぐるみ剥がれ、賭場の印半纏を羽織っただけで家に帰ってく...

箒屋娘~桂小南

箒屋娘~桂小南 船場で木綿問屋を営む相模屋。 若旦那の宗三郎は、いつも部屋で本ばかり読んでいる。 大旦那の宗兵衛は論語読みの論語知らず、世間知らずなのも困るし、閉じこもってばかりでおかしな病気にでもなれば大変と、番頭に外へ出かけるようにして...

孫帰る~柳家喬太郎

泣ける創作落語 「孫帰る」 孫帰る~柳家喬太郎 夏休み。 小学生の孫 健一がおじいさんの家に遊びに行くと、おじいさんはなんと箪笥の上に乗っています。 「猫のタマがここに寝ていたから涼しいかと思って」 箪笥から降りたおじいさんと孫。猫を探しま...

名人長二~古今亭志ん生

通し二時間超 指物名人長二 親殺しの顛末 名人長二~古今亭志ん生 《その一》 十八歳の頃から指物の名人と呼ばれた長二郎。両国の指物師清兵衛の弟子となったのが享和二年の十歳の時。現在二十八歳となって押しも押されもしない名人。 これを坂倉屋とい...

柳田格之進(柳田の堪忍袋)~立川志の輔・古今亭志ん生・志ん朝【動画】

立川志の輔~柳田格之進 両替商越前屋の当主、作左衛門とこの店の近くの裏長屋に娘と住む浪人の柳田格之進。 格之進と作左衛門とは碁仇で、毎日のように越前屋の離れで碁を囲んでいます。 夏のある日、碁に夢中の作左衛門のところに番頭の久兵衛が百両の金...

藪入り~三遊亭金馬・柳家小三治・古今亭今輔・三遊亭好楽・三遊亭圓楽【動画】

「見てえんだけど目が開かねぇんだ・・。開けると涙がこぼれちまうんだよォ」 三遊亭金馬(三代目)~ 藪入り【動画】 昔の奉公というのは、ほんの十歳くらいの頃に商家などに入り、食事や寝泊りをしながら仕事を憶えていき、手代、番頭となり、暖簾分けを...

吉原綺談(芳原奇談雨夜鐘)~古今亭志ん生

お仲無残 吉原綺談(上・中・下)芳原奇談雨夜鐘より~古今亭志ん生 お仲の境遇 下谷長者町の八文湯から出てきたお仲。歳は十七で大変な美人。 その後ろ姿を見送っていたヤクザの権次。いい女だ。あんないい女を磨いていい成りをさせればたまらないとお仲...

弱法師・菜刀息子(ながたんむすこ)~桂吉朝

弱法師(よろぼし)~桂吉朝 再生できない方はこちら(dailymotion) 桂吉朝の最後の口演です。 ある商家の息子、旦那から厳しく叱られるところから始まります。 包丁屋に断ち包丁を誂えるよう、息子に注文をさせたのですが、 出来上がってき...