カテゴリー: 春風亭柳枝

王子の狐~柳家小さん・古今亭志ん朝・金原亭馬生・三遊亭円遊・古今亭志ん生・春風亭柳枝・三笑亭可楽【動画】

人間にだまされちゃいけないよ 執念深いからね 柳家小さん~王子の狐 王子稲荷へ参詣した男、帰りに狐が年頃の女に化けるところを目撃します。 化かされる前に化かしてやろうと、「お玉さんじゃありませんか?」と声をかけ、一緒に扇屋という料理屋に入り...

喜撰小僧~春風亭柳枝

喜撰小僧(きせんこぞう)~春風亭柳枝 丁稚の定吉が、おかみさんに呼ばれて旦那の後をつけていくようにと命じます。 定吉が後をつけていきますが旦那に見つかり、旦那は仕方がないと定吉を連れて妾の家に入っていきます。

熊の皮~春風亭柳枝・桂文朝

これは尻に敷くものです 熊の皮~春風亭柳枝 仕事が早く終わった甚兵衛。腹が減ったと帰ってきて足を洗うと言いますと、洗濯物を洗ってくれ、干してくれと女房。 ようやく足を洗って飯にしてくれと言いますとお膳がない。私は先に食べたから自分で用意をし...

五月幟~春風亭柳枝・柳屋小袁治

五月幟(五月のぼり)~春風亭柳枝 酒呑みの熊さんの家では、息子の初節句というのに祝い事をする金もない。 女房の兄が見かねて人形でも買ってやれと金を渡すのを見ていた熊さん、「俺が人形を買ってくる」と言い出します。 女房は金があると呑んでしまう...

山号寺号~立川談志・春風亭柳枝・柳亭市馬

楽しい言葉遊び 山号寺号~立川談志 幇間の一八、若旦那を見つけて「柳橋のあの子が、」と話し出しますと、若旦那は一人じゃないんだと一八を押さえて、浅草の観音様へお参りに行く途中だと話します。 一八「金龍山浅草寺ですか」と答え、お寺には「なになに山なになに寺」という正しい呼び名があり、この山号と寺号を合わせた『山号寺号』と

搗屋無間~春風亭柳枝

堅物の徳兵衛が丸山花魁の絵姿に恋煩い 搗屋無間~春風亭柳枝 日本橋人形町の搗米屋 越前屋に十三年奉公している徳兵衛。 いたって堅物で道楽もなく、主人への預け金も十四、五両になっています。 その徳兵衛が寝込んでしまい、主人に頼まれた葭町の幇間...