作成者: RakugoTimes

王子の幇間~桂文楽

王子の幇間~桂文楽 ある商家の旦那。店先が騒がしいので店の者に聞いてみると、幇間の平助が来ているとのこと。 旦那は、平助が来ると物がなくなって困る。靴の片方を持って行き、後日に「旦那さん、靴が片方ございましょう、それを足の悪い友人のためにい...

心眼~桂文楽

心眼~桂文楽 目が不自由な按摩の梅喜(ばいき)。 家に帰ってきた梅喜に「顔色が悪いがどうしたのか」と女房が聞きますと、「横浜から歩いて帰ってきたので疲れが出たのだろう」と答えます。 しかし、突然こらえきれないように泣き出す梅喜に、どうしたの...

茄子娘~入船亭扇【動画】

茄子娘~入船亭扇辰【動画】 東海道は戸塚の宿から一里ほど離れた村の禅寺の住職。 本堂脇の畑で大好きな茄子を作っては食するのが何よりの楽しみ。 ある夏の夜。お尚が蚊帳に入って寝ようとすると、友禅の着物を着た十七、八の美しい娘が現れ「自分は茄子...

天王寺詣り~笑福亭松鶴・桂文枝・笑福亭生喬・三遊亭百生・桂雀三郎・桂米朝

天王寺詣り~笑福亭松鶴 彼岸の中日。男がご隠居のところに来て、「ヒガン」って見たことありますかと聞きます。 知らないと言うと、うちの台所の穴を出たり入ったりする鼠の少し大きい丈で「キチキチッ」と鳴く。 それはイタチではないかとご隠居が聞くと...

ぜんざい公社~桂春之輔・笑福亭鶴光・笑福亭三喬・昔昔亭桃太郎

ぜんざい公社~桂春之輔 ある男が「ぜんざい公社」という役所があることを知って、一度食べてみようと訪れます。 まずは受付で、特別誂えか並かと聞かれます。 特別誂えはどんなものかと聞きますと、北海道から特別の小豆を取り寄せ台湾から特別の砂糖を取...

意地くらべ(強情)~柳家小三治・桂ざこば・柳亭小燕枝

意地くらべ~柳屋小三治 地主のところに男が五十円の金を貸してくれとやってきます。 訳を聞けば、近所のご隠居が無利息無証文催促無しで貸してくれて、無理の無い時にお返しなさいと言ってくれた。 こんなありがたいことはなく、自分で一月後の今日までに...

いかけ屋~桂春団治(初代・三代目)・桂小南・横山やすし

いかけ屋~桂春団治(三代目)【動画】 四角のフイゴを担いで空き地に店を広げ、壊れた鍋や釜などの鋳物を溶接修理する「鋳掛屋(いかけ屋)」。 そこへ近所の悪ガキが集まり、フイゴで風を送って火を起こす様子をおもしろがって鋳掛屋をからかい、仕事にな...

仏師屋盗人~笑福亭三喬

仏師屋盗人~笑福亭三喬 十両盗めば首が飛んだ江戸時代。 ある夜、仏師屋の家に強盗が入ります。仏師に刀を突きつけて「金を出せ」と脅しますが、仏師は落ち着いた様子。 「明かりをつけろ」と言うと、自分のことは自分でしろ、鴨居のところに火打ち石や蝋...

茗荷宿屋~柳亭市馬

茗荷宿屋~柳亭市馬 東海道神奈川宿に茗荷屋という名代の料理屋がありましたが、当代の主人の道楽がたたって店をつぶし、宿場はずれに小さな宿屋を開きます。 しかし、客あしらいも悪く宿も汚いため、いっこうに客が寄り付かない。

金玉医者(藪医者)~立川談志・柳家小さん・柳亭市馬【動画】

金玉医者~立川談志【動画】 八丁堀の大店 気鬱の病でふさぎ込んで寝ている伊勢屋の娘に、旦那はいろんな医者を呼んできますがいっこうに良くなる気配がない。 ある日、男が、上州館林で急に首が回らなくなり、腕が曲がり、足が曲がってしまった老人を、津...

しの字嫌い(しの字丁稚)~三遊亭圓生・桂ざこば・金原亭馬の助【動画】

しの字嫌い~三遊亭圓生 人の言うことに何かと逆らう人というのはままいるものでして、 下男の清蔵は、主人が「火をおこせ」と言えば「それは炭をおこせということか」 「煙草盆に火を入れろ」と言えば「それを言うなら煙草盆の中の火入れの中の灰の上へ火...

反対俥(いらち俥)~柳家喬太郎・林家染二・三遊亭遊雀・柳家権太楼・柳家花緑・桂春団治(初代)

反対俥~柳家喬太郎 明治から大正にかけて、人力車が人と足となっていた時代。 神田近く。終電までに上野駅に行きたいと、俥屋を探してしいる男。見つけたのは今川橋で居眠りをしている車夫。 上野まで急いでくれと乗り込みますと梶棒が上がらない。男が体...

箒屋娘~桂小南

箒屋娘~桂小南 船場で木綿問屋を営む相模屋。 若旦那の宗三郎は、いつも部屋で本ばかり読んでいる。 大旦那の宗兵衛は論語読みの論語知らず、世間知らずなのも困るし、閉じこもってばかりでおかしな病気にでもなれば大変と、番頭に外へ出かけるようにして...

煙草の火~桂文枝・立川談志・林家正蔵

莨の火(たばこのひ)~桂文枝 住吉神社の鳥居前。通りかかった上品なお年寄りに二人の駕籠舁きが声をかけます。 「南から来たので北のほうへ」と言うので担いで走り出しますが、よく聞けば和泉の佐野から駕籠出て堺まで来たが乗りくたびれて住吉まで歩いて...

小粒~桂文治

小粒~桂文治(九代目) 体が小さいのをいつも友達からからかわれている留さん。 往来を這いずって何してんだ、そっちから来る人の下駄の歯にはさまっちまうぞ。 大掃除に来てくれて縁の下にしゃがまずに入ったなどなどと言いたい放題。 悔しくてたまらな...

五月幟~春風亭柳枝・柳屋小袁治

五月幟(五月のぼり)~春風亭柳枝 酒呑みの熊さんの家では、息子の初節句というのに祝い事をする金もない。 女房の兄が見かねて人形でも買ってやれと金を渡すのを見ていた熊さん、「俺が人形を買ってくる」と言い出します。 女房は金があると呑んでしまう...

釜泥(釜盗人)~柳家三三・桂文我・三遊亭楽太郎・Tommy’s rakugo

釜泥~柳家三三 大泥棒 石川五右衛門が釜茹での刑になったことから、泥棒仲間が世の中から釜をなくしてしまおう、釜という釜をすべて盗んでやろうと相談がまとまります。 まず標的になったのが豆腐屋さん。 釜を盗まれては商売ができないと。また新しい釜...

へっつい盗人~笑福亭仁鶴・春風亭昇太・桂雀々・三遊亭百生・桂春団治

へっつい盗人~笑福亭仁鶴 清八のところへ遊びに来た喜六に、友達の松ちゃんが宿替えをしたので何か祝い物をしようと相談します。 「値安で、手軽で、場がある物」がいいなと清八が言うと、喜六はカンナ屑はどうか。 そんなものではなく何かびっくりするも...

宇治の柴舟~桂小南

「暮れてゆく春の湊は知らねども霞におつる宇治の柴舟」 宇治の柴舟~桂小南 大阪の材木問屋の若旦那。しばらく臥せっていて床が上がらない。 大勢の医者に来てもらったが見立てがはっきりしない。今日来てもらった医者が薬はいらない、胸に詰まっているも...

夢八~笑福亭松鶴・露の五郎・桂小南・桂雀々・三遊亭百生

夢八~笑福亭松鶴 ご隠居の甚兵衛のもとに「寝てて食える仕事はないか」と来た夢八。 よくしゃべるから幇間持ちはどうだと甚兵衛が言うと、あれは懲りた。寒くて太鼓のバチが持てないと夜番(夜回り)と勘違いして夜番の難しさを滔々と語ります。 ひととお...

野崎詣り~桂春團治・笑福亭松之助・桂梅團治・桂春團治(初代)

野崎詣り~桂春團治 毎年5月1日から10日間の野崎詣りは大変大勢の人で賑わいます。 喜六と清八も野崎詣りに向かっていますが、徳庵堤(とっかんづつみ)にかかったところで、喜六が足が痛いと言い出し、船に乗ることに。 船頭に「艫(とも)を張ってく...

貝野村(手水まわし)~桂小南・桂文珍・桂雀々・笑福亭鶴光・笑福亭生喬

貝野村~桂小南 大阪船場で二十人余りの使用人で呉服屋を営むお店。 大旦那の若旦那の二人で若旦那は「今業平」と言われるほどの良い男。 ここに出入りの棟梁の世話で丹波貝野村の庄屋の娘「おもよ」が女中に入ります。 「おもよ」は歳は十八で背はすらり...

尻餅~春風亭一之輔・笑福亭松鶴・三笑亭可楽・桂小南・入船亭扇橋・桂雀松・笑福亭三喬

尻餅~春風亭一之輔【動画】 大晦日。貧乏長屋住まいの八五郎夫婦。 女房が八五郎に、近所では皆 餅をついているのにうちではつかないのかと文句を言っています。 八五郎、金がないので餅なんかつけない、餅なんぞ食わなくても死にゃしないと言いますが、...

お七~三遊亭圓生

お七~三遊亭圓生 子供が生まれて喜んでいる御幣担ぎ(縁かつぎ)の男のところに、兄貴分の八五郎がやってきます。 嫌な奴が来たと思っていると、八五郎が表から声をかけ、返事をしないでいると「死に絶えたか?」と言い出します。