鷺取り~桂枝雀・柳家小せん・桂吉朝・桂文我【動画】



近寄って小さな声で「サーギー」

鷺取り~桂枝雀【動画】

甚兵衛の家を訪ねてきた喜六。甚兵衛は「飯をどうやって食べているんだ?」「箸と茶碗で」「その米はどこから持ってくる」「米屋が運んできます」「米屋の払いはどうする」「それは倒す」

そういうことではダメだとご甚兵衛が言いますと、喜六はこれでも仕事をしていると「スズメ取り」「ウグイス取り」の話をします。

いずれも失敗したがこれからが本番、サギ取りを考えた。遠くから「サーギー」と呼びかけ、近寄って小さな声で「サーギー」、もっと近寄ってもっと小さな声で「サーギー」。真後まで来たら頭を殴って気絶させると言う。

甚兵衛はあきれつつも北野の圓頓寺の池ならサギがたくさんいると教えます。

覚書

子供の頃に絵本か何かでこの話を読んだことがあり、鷺に吊り上げられて大空を飛ぶ男にうらやましいような思いをした記憶があります。

前半の「スズメ取り」「ウグイス取り」は商売根問と同じで、このあと商売根問ではガタロ(河童)取りの話になります。

鷺取り~柳家小せん


東京では雀を捕まえるのにこぼれ梅の代わりに酒につけておいた米が使われます。上方では江戸っ子の雀が一番に試しますが、こちらでは大阪者の雀が先陣をきります。

鷺取り~桂吉朝

鷺取り~桂文我


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





1件の返信

  1. 09/08

    […] 前半は『鷺取り』と同じで、後半で鷺とりに行くかガタロ(河童)取りに行くかで演題が変わります。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です