饅頭こわい~桂米朝・柳家小さん他【動画】





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治から戦前のお笑いを支えた漫才、音曲の数々、70年代の演芸ブーム、80年代の漫才ブームから現在に至る数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



明治・大正・昭和初期(エンタツ・アチャコ、ミスワカナ・玉松一郎、砂川捨丸・中村春代他)
昭和中期~後期(いとし・こいし、ダイマル・ラケット、やすし・きよし他 追加中)
平成~令和(鋭意準備中!)


桂米朝~饅頭こわい

有名な落語で、この噺の筋を知らない人はいないと言ってもよい「饅頭こわい」です。
前座が落語の修行の最初に覚える「前座話」として定着していますが、上方落語としての正式なものは、30分ほどかかるネタです。

江戸落語の「九郎蔵狐」として知られる狐に騙されるくだりや、若者が騒いでいるのを聞きつけた近所のご隠居の、身投げをする女の怪談めいた話はこれだけでも一つの噺として成り立つほどのものが盛り込まれています。

柳家小さん~饅頭こわい【動画】


小さんも晩年までよくこの噺をかけていました。

桂枝雀~饅頭こわい


身投げのくだりで観客が本当に怖がっている様子がすごいですね。
饅頭を食べるしぐさも上手い。
今頃「師匠、えらいご無沙汰でございました~」など言ってるんでしょうか。

古今亭志ん生~饅頭こわい

柳家喬太郎~饅頭こわい

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください