重陽(小泉八雲・守られた約束)~柳家喬太郎





NEW!!お笑い・漫才芸人列伝
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治から戦前のお笑いを支えた漫才、音曲の数々、70年代の演芸ブーム、80年代の漫才ブームから現在に至る数々の芸人を、映像と音声で紹介します。

明治・大正・昭和初期(エンタツ・アチャコ、ミスワカナ・玉松一郎、砂川捨丸・中村春代他)
昭和中期~後期(いとし・こいし、ダイマル・ラケット、やすし・きよし他 追加中)
平成~令和(鋭意準備中!)


重陽~柳家喬太郎

戦国の頃、播磨の国に赤穴宗右衛門(あかなそうえもん)という武士がいました。

宗右衛門は義弟、丈部左門(はせべさもん)に、「自分の故郷の出雲の国で、自分が仕えていた殿が倒され、国も荒れていると聞いた。しばらく国に行き様子を見て来る。秋の重陽の節句(9月9日)には必ず帰ってくる」と約束して出立します。

日が過ぎ、重陽の節句を迎えましたが、宗右衛門は帰って来ない。

夜になり、左門は、兄上はどうされたかと心配で表に出ると、遠くに月明かりの中に人影が見える。

フラフラと空を飛ぶように近づいてくる人影はまぎれもなく宗右衛門。
左門は宗右衛門を家に招き入れ、「出雲に変わりはありませんでしたか」と聞きます。

宗右衛門は「景色は変わらないが人の心は変わってしまった。皆、先君の恩を忘れて新たな領主に取り入っている」と話し、

親類のものから新たな領主に仕えるよう勧められたが自分は断った。すると囚われて城の牢に入れられてしまい、どう頼んでも出してもらえず日が経ち、今日まで囚われていたと話します。

出雲から播磨までは百里の道、今日戻れるわけはないと左門が訝ると、宗右衛門は、「生身の人はすぐには帰れぬが魂ならば一日で千里を行ける。幸い刀はあったのでな。」と言います。

自分との約束を守るために自害し、魂となって帰ってきたと知った左門は、怒り心頭、出雲へと向かいます。

覚書

元話は、雨月物語の『菊花の約』をもとに、小泉八雲が書いた『守られた約束』です。

原作では、出雲に向かった左門は宗右衛門を幽閉した親類を切り捨て、新領主は、その勇気と友情を賞して追手を差し向けなかった。と結ばれます。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ