辻八卦~金原亭馬の助





NEW!!お笑い・漫才芸人列伝
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治から戦前のお笑いを支えた漫才、音曲の数々、70年代の演芸ブーム、80年代の漫才ブームから現在に至る数々の芸人を、映像と音声で紹介します。

明治・大正・昭和初期(エンタツ・アチャコ、ミスワカナ・玉松一郎、砂川捨丸・中村春代他)
昭和中期~後期(いとし・こいし、ダイマル・ラケット、やすし・きよし他 追加中)
平成~令和(鋭意準備中!)


忠臣蔵五段目を語る客に

辻八卦~金原亭馬の助


往来の辻占い。今日は師匠の十三回忌である。余興に当て物をしようと男を呼び止めます。

取り巻いていた男を呼んで、商売を当てよう「金物屋ではないですかな」と言うと当たっている。「頭がやかんで金壺眼、おまけに髭が針金だ」

今度は年配の男を呼び、町処姓名年齢を当てようとこれも当てます。
そんなことまでわかりますかと聞きますと「笠の裏に書いてある」

ようやくみてほしいという客が来ますが、これが芝居好きで忠臣蔵五段目『山崎街道』を延々となぞります。

たっぷり一段を語り終え「定九郎は何に生まれ変わったのかをみてもらいたい」と言います。

覚書

前半は『近江八景』と同じで、サゲは忠臣蔵四段目のお決まりの地口。
桂歌丸も持ちネタにしていました。

五段目は大ネタの人情噺「中村仲蔵」や素人芝居のドタバタ「五段目(吐血)」などがあり、芝居の筋を語るこの噺は廃れていっていますが、当時は一般にも芝居が浸透しており、場面や台詞を暗記している人も多くいて、聴衆も芝居の場面を思い浮かべながら聴いていたのでしょう。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください