身投げ屋~柳家金語楼・五街道雲助



俺の貧乏は足が早いんだ

身投げ屋~柳家金語楼

財布を落としたという男。いくら入ったのだと聞くと二百円入っていたと言い、よくよく聞いてみると、そういう財布が落ちてないかなと。
聞いていた男はあきれて元手のかからない商売があると教えます。

両国橋あたりで金をもってそうな人がいたら川に飛び込むふりをする。
その人が止めたら、金が無いから死ぬと言い、その人がいくら持っているか見定めて出してくれそうな額を言え。

男はいいことを聞いたと両国橋へと出かけます。

覚書

柳家金語楼の創作落語で、正直あまり品のよい噺とも言えず、今の時勢にも合わないので今はほとんど演り手がいません。

序盤の「稼ぐに追いつく貧乏なし」「いや俺の貧乏は足が早いんだ。いくら稼いでも間に合わない、先に行って待ってやがる」なんてくだりはおもしろいんですけどね。

身投げ屋~五街道雲助

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です