素人鰻(士族の商法)~桂文楽・柳家小三治【動画】



士族が鰻屋をはじめますが

素人鰻~桂文楽【動画】

明治維新後の秩禄処分(ちつろくしょぶん)で、一時金は入ったが以降の家禄を失った旗本。

以前に屋敷に出入りをしていた明神下「神田川」の元板前 金のすすめで鰻屋をはじめることにします。

この金さんは腕はよいが酒癖が悪いのが玉に瑕。しかし、世話になった旦那のために「酒断ちをする」と言って一所懸命働きます。

ようやく開店となり、開業式を開くという旦那が金さんに酒をすすめますと、金は酔っ払い、旦那がいい加減にしろと怒りますと悪態をつきはじめます。

「出て行け」「出ていってやる」と金は家を飛び出します。

翌日、金がいなくては店はできないと話しておりますと金が吉原の馬を引っ張って帰ってくる。旦那は金を払ってやり、金は平身低頭で謝って一生懸命働きます。

しかし、その晩も翌日も酒を飲んでは「出て行け」「出ていってやる」の繰り返し。
仏の顔も三度まで。旦那は自分が鰻を料理すると言い出して店を開けます。

覚書

別題「士族の商法」

明治維新後、士族の商法を笑う噺が多く作られました。この噺もそのひとつで、実話をもとにして作られたと伝わります。

八代目文楽はこの噺にも出てくる明神下にある鰻屋「神田川」の常連で、この店で自ら鰻をさばいては人に振る舞っていたと言います。

もう一遍「鰻屋」は、開店したばかりの鰻屋が四苦八苦するのを見に行こうというものですが、「素人鰻」が店側、「鰻屋」が客側と見れば、続き話のようにも楽しめます。

素人鰻~柳家小三治


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





1件の返信

  1. 05/08

    […] もう一遍、「素人鰻」(士族の商法)は明治維新後の秩禄処分(ちつろくしょぶん)によって家禄を失った士族が鰻屋を始める噺で、八代目 文楽の独壇場でした。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です