紙入れ~古今亭志ん生・三遊亭圓生・古今亭志ん朝・立川談志他【動画】





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治から戦前のお笑いを支えた漫才、音曲の数々、70年代の演芸ブーム、80年代の漫才ブームから現在に至る数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



明治・大正・昭和初期(エンタツ・アチャコ、ミスワカナ・玉松一郎、砂川捨丸・中村春代他)
昭和中期~後期(いとし・こいし、ダイマル・ラケット、やすし・きよし他 追加中)
平成~令和(鋭意準備中!)


古今亭志ん生~紙入れ

貸本屋の新吉。出入り先のおかみさんと割りない仲が続いています。

おかみさんから、今日は旦那の帰りがないから泊まりにおいでと手紙をもらい、それを紙入れにしまって出かけます。

新吉は、旦那には大変世話になっているので、こういうことはもう止したほうがいいとおかみさんに話しますが、聞き入れてもらえません。

さて、その夜、突然旦那が帰ってきて慌てて家を飛び出します。
持ち物を改める新吉、おかみさんの手紙が入っている紙入れを忘れてきたことに気づき真っ青に。

おかみさんのしたたかさ、旦那が、「女房を取られるような馬鹿だ。そこまでは気が付くまい」で下げになります。

上方落語では、このあとに女房が「そんなアホな亭主の顔を見てみたい」と言うと、旦那は自分を指差し「こういう顔や」というブラックな下げで終わります。

三遊亭圓生~紙入れ

古今亭志ん朝 ~紙入れ【動画】

立川談志~紙入れ【動画】

桂歌丸~紙入れ【動画】

柳家小さん~紙入れ【動画】

古今亭菊之丞~紙入れ【動画】

柳家喬太郎~紙入れ

立川談笑~紙入れ

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください